2009年3月29日 (日)

電気自動車用充電コンセント付き住宅

 今日2009年3月29日付け日経朝刊に住生活グループが電気自動車対応の注文戸建住宅を本格販売すると書かれている。 車に充電できる200Vの屋外コンセントを駐車場に標準装備する。 これにより今夏発売予定の三菱自動車の電気自動車の場合7時間でフル充電できるとのこと。
 正直な感想は7時間もかかるのかである。 ガソリン給油ならセルフでもたついても10分程度かと思われるので、電池の充電は電気自動車の自由度をかなり制約する感じである。
 ガソリンスタンドなみに家庭以外に充電ステーションができても、不自由さはさほど改善されない。
 ずい分前のことで記憶は定かではないが、大阪市交通局が公害対策として電気バス(愛称 あおぞら?)を運行していたことがあるが、そのときは車両基地に充電済みの鉛蓄電池を容量の減ったバス搭載の蓄電池と交換する設備を設けていたように聞いている。
 これなら充電するよりはるかに短い時間で目的を達することができる。
 CHARGING STATIONでなくCHANGING STATIONである。
 ある新聞によるとAGASSIという方が、電気自動車のためのbattery-changing stationの
ネットワークを2012年に立ち上げるという。  しかし、この場合、車はバッテリーの交換が容易にしかもバッテリーの規格が互換性のあるようになっていなければならないがその辺の事情はわからない。  車の駆動用バッテリーが乾電池なみの消耗品のようなあつかいになれば安い鉛電池も復権するかもしれない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月10日 (火)

国のエレベーター事故の調査体制が動き出した

 旧聞に属するが、2009年2月4日、5日に国交省報道発表やそれによる新聞報道で「昇降機等事故対策委員会」が設置されることになったとのこと。 事故発生メカニズム等の調査及びこれを踏まえた再発防止対策の検討を迅速かつ適確に行うことを目的としている。

 国交省のホームページによると、平成18年6月3日の東京港区シティハイツ竹芝のエレベーターにおける戸開走行死亡事故については、まだ原因は判明していない。 平成20年10月15日に警視庁に事故機の調査を要請と記されているので、それまでは原因調査は犯罪捜査上の調査としてしかなされていなかったように見える。

 平成20年12月8日の京都左京区のマンションにおいてエレベーターにはさまれ事故があったが、これについても原因がわかったとは記されていない。 京都市が立ち入り検査をして動作確認後に運転復旧としている。

 国交省の報道資料には含まれていないが平成19年10月22日には大阪西成警察署のエレベーターが人の操作なしに上昇し7階天井に衝突している。 これについては旅先でテレビで見たのでくわしいことはわからないがけが人がいないので調査対象外かもしれないが怖い事故である。

 設立された委員会は 運輸安全委員会のように調査の権威と権限をもたれることを期待したい。

 この委員会は 社会資本整備審議会 の下部の建築分科会の下部の建築物等事故・災害対策部会のそのまた下部に属する委員会である。 正式委員会名や委員の方々は2月6日の建築物等事故・災害対策部会で決められることになっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

東京港区エレベーター事故の遺族と支援者再発防止訴え

 今日付け毎日新聞インターネット版に、「港区のエレベーター事故の犠牲者のご遺族と支援者でつくる「赤とんぼの会」が、京都の重傷事故を受けて「生命・身体を侵害する事故がしばしば起きているのに真の原因究明もされず、安全強化策もとられていない」と鉄道などと同様に事故調査機関をつくり再発防止につとめるように訴えた」と報道されている。
 やはりあの事故の原因は究明されていなかったと確かめられた。
 鉄道であれば、無人運転の新交通がドアもしめずに突然発車したような恐ろしい事故であり、当然 運輸安全委員会が乗り出すことになるが、エレベーターやコースターのような一種の交通機関といってもいいものも建築行政の範疇にはいるのかこの委員会の対象にはなっていない。
 安心安全を標榜する政治の課題にしてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都市左京区のマンションでエレベーター事故

 12月9日付け日経紙夕刊に8日午後9時ごろ、京都市左京区の「フレックス高野」というマンションでエレベータ事故があったと報じている。

 住民の女性の方がエレベーターで1階から4階に上がり、エレベータから外に出る最中にドアが開いたままの状態でエレベーターが下降を始め3階で停止したとのこと。 女性の方は体は外に出たが足が残り4階の床とエレベータの篭にはさまれた状態になり重傷を負われた。
 2年以上前に東京港区のマンションで起こった死亡事故と似た状況である。 今回はシンドラーではなく東芝エレベータ製で管理は東洋昇降機と書かれている。

 エレベーターの事故は関心を持ってみているが東京の事故の原因は解明されたとの報道に接したことはない。 今回の事故原因は保守の不備によるものか、機器の機能不全によるものかは不明である。
 もし、保守に原因がない場合、メーカーが東京の事故の場合とことなることもあり、エレベータのこの種の事故は製造者特有でない未解明の原因があり、再発の防止策はまだ確立されていないと考えてもいいようである。
 今回の事故で原因解明のヒントが得られることを期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月27日 (木)

電気機器の発火発煙事例その23-2 INAXブランドの温水洗浄便座で発火事故

 昨日に続き今日、27日にもINAXブランドの温水洗浄便座の発火事故が日経紙に報道されている。 INAX社と該当品の製造者のアイシン精機は約60万台を対象に無償点検をするとのことで新聞に社告も掲載されている。
 使用後18年以上といわれる便座でほぼ寿命期ともいえるものに責任を負って点検するコストを思うと、便利な電気製品の開発に二の足を踏みたくなるのではないかと心配になる。このような時に備えてメーカーも消費者も救えるような保険制度が必要になるのではないか。

 数日まえに我が家の台所の換気扇の入りきり用の紐が切れた。 30年ほど使用したものであるので、換気扇全部の取替えを考えた。 とりあえず応急に針金とあり合わせの紐で修理して用が足せるようになった。  取替えのことは忘れてしまっている。 よほど便利な改良がなされて新製品になっていないかぎり、不自由なく動いている電気製品の更新はむつかしい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年11月26日 (水)

電気機器の発火発煙事例その23 INAXブランドの温水洗浄便座で発火事故

 2008年11月26日(朝)の日経紙によると INAXブランドの古い温水洗浄便座で2007年5月以降に数件(経済産業省発表では5件)の発火事故が起きている。

 いずれも18年以上使用の古いものである。 製造したのはアイシン精機株式会社(経済産業省発表)。 障害は便座ヒータの配線部で起こっている。 うち2件について特定された原因は便座のヒンジピンやゴム足がはずれたまま使用することでコードに過重負担がかかりコードが損傷したこととされている。残りの3件は原因は特定されていない。
 経済産業省のウエブサイトに掲載されている11月25日付けのプレス発表にくわしいが発火に至ったメカニズムは新聞記事も含めてわかりにくい。

 この種の設備は長期に旅行する以外、留守時でも常時通電常態にしているので 火災の危険が潜在しているとすると不気味な存在である。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

どっこい生きていたもう一つのソーラー 太陽熱温水器 トルコでも普及

 家庭用太陽熱温水器の販売復調の記事を11月12日付けの日経(朝)で読んだ。
 太陽エネルギーといえばソーラー発電に流れて、温水器はもう生産していないのかと思っていたのですこし驚きであった。  記事によるとオイルショックの1980年に全国の年間売り上げ80万台のピークをつけて、その後は低落傾向で2007年は5万台程度に落ち込んでいたとのこと。  今年に入り売り上げは増化傾向で、来年、東京都が20万円を限度の補助金を出すのでこの傾向は続きそうである。

 太陽熱温水器は今年6月にトルコを旅行してときに大変普及しているのを見て、すこし時代遅れかと思ったが、その考えは間違いであったと認識を新たにした。 インターネットで(トルコ 温水器)をキーで検索すると旅行者の見聞記が多く、この普及に驚いているようである。

 日本で集合住宅屋上に温水器を設置している例があるかどうかは知らないが、トルコでは多くあった。 温水タンクがトルコでは屋上に取り付けられていることもわが国の例とは異なるように感じた。

 トルコ旅行中に見たソーラー温水器トルコ版の写真を掲載する。撮影は2008年6月7日~9日。

7_2 69jpg 

6jpg_2

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年11月 3日 (月)

電気機器の発火発煙事例その22 トラッキング現象による堺市での火災例

 電気火災の原因の一つ、トラッキング現象による火災が10月16日付けの地域紙「泉北コミュニティー」に記事となっていた。

 標題は「コンセントにほこりが溜まり 発火して隣も丸焼け」。

 「9月7日の朝8時半ごろ、共同住宅の6階で火事があった。屋外コンセントが燃えた。火元と隣が全焼、上階が半焼。出火原因は差しっぱなしになったコンセントとプラグの間にほこりがたまって発火するトラッキング現象と考えられる。レンジラックのコンセントに電話の子機のプラグが差しっぱなしで、そこから出火した模様。火元の住人は外出中であった。」
 以上が記事にほぼ同じである。 屋外コンセントがトラッキングをおこしたのか、電話の子機用のプラグが火元なのかはっきりしない。

 電気器具はますます増え続けるし、かつコンセントにプラグを入れたままにしておく使用形態も多いので要注意のことである。

 我が家でも、トラッキング現象が起こりびっくりしたことがあった。

 一年以上使っていなかったクーラーの電源スイッチを入れたとたん、大音響がしてクーラー用プラグが火を出し、黒焦げになった。 幸いブレーカーが動作して電気を遮断したので大事には至らなかった。

以下はこげたプラグの写真である。

Dsc00048

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

東芝が白熱電球製造停止 トルコのホテルの蛍光球照明

 6月5日から14日までトルコを旅行していたので久しぶりでの投稿。旅行中の記録は遡って少しずつ記して行きたい。

 日経紙今日23日の朝刊の1ページ広告に東芝が白熱電球の製造を停止して以後省エネ型の電球型蛍光ランプやLEDランプに切り替えると宣言している。

 わが国では直管形や円形管形の蛍光ランプがずい分まえから普及しているが、生活水準があがるにしたがいソフト感のある白熱球の照明が増えたような感じがしないでもなかったが、これらもゾケットが同じの蛍光灯球にきりかわっていくことになりそうである。 我が家では庭や廊下の常夜灯は早くから電球形蛍光球に切り替えている。 しかし、DIMMERと呼ぶらしい調光器つきの照明は蛍光灯に切り替えができないと説明書にあるのでそのままにせざるを得ない。

 米国では常々蛍光灯は工場や事務所で使う物との通念があるときいているが、ゴア氏の地球温暖化対策の十則の一つに照明の蛍光灯化を挙げているのでどうなるか。

 トルコ旅行中なにげなくホテルのテーブル上のシェードつきの電気スタントを覗いて蛍光球(といっても螺旋管や折り返し直管むき出し)が使われているのにすこしおどろいた。 シェードの外から見れば白熱照明に見える。

 気のついたのはカッパドキアのデデマン カッパドキアホテルとアンカラのヒルトンホテルであった。

 蛍光球はフィリップス製で15W形と27W形。製造地はP.R.C(多分中国)とポーランドであった。 下に2種のランプを示す。

Photo 1_2                 Photo_2 Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月21日 (水)

電気機器の発火発煙事例その20 ビルトイン型 食器洗い乾燥機

 経済産業省のホームページならびに新聞(日経)記事にTOTO社のビルトイン型食器洗い乾燥機「ウオッシュアップ エコ」で発火発煙事故が2件発生したと書かれている。
 温水ヒータと電線の接続部の接触不良による発熱が原因とか。2006年7月~2007年6月製造の機種で該当するのは約8600台。
 今年2月にも同社の卓上型食器洗い乾燥機の発火発煙事例があり、その13として当ブログに記録した。基盤上の電源コネクター部の発熱とされた。この件では2000年9月~2005年3月の間に製造された約12万台が対象となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧