« 大阪都構想可否の住民投票はじめる | トップページ | ワクチンの接種 »

2020年11月 2日 (月)

大阪都構想否決

 住民投票で維新の推進する大阪都構想が否決された。
 奇跡に思えた。推進派には府知事、市長、公明党それに
菅総理の影も寄り添ってうっすら見える中よく反対派が
勝利できたものだ。 昨日書いたジャンヌダルクの奮戦
も大きかったように思う。

 一回目の投票の時とおなじ二重行政問題を市長さんが
繰り返しておられたが、大阪市をつぶしてまで解決する
課題であるかメリットとして力が弱かった。

 少し前に、歴史も、伝統もある大阪府立大学と
大阪市立大学を統合したのはすこし乱暴の印象をもった。
 大学の先生方には政治力もなく反対するすべもなく
府市統合の実績のひとつとなった気がする。
 
 大阪の地盤沈下はわたくしの就職した時代、60年前
から言われ続けてきている。
 制度いじりに費やしてきたエネルギーをこの問題に
向けて頂きたい。

 

|

« 大阪都構想可否の住民投票はじめる | トップページ | ワクチンの接種 »