« 短命なLED電球とメーカーの対応 | トップページ | 短命なLED電球 その3 »

2016年1月 7日 (木)

短命なLED電球 その2

 3個の電球からなるペンダント型照明灯をLED化したが、先日の1球目に続いて2球目のLED電球が2015年12月10日に切れた。シャープ製のDL-LA11ANである。 予期しているよりずっと短命であったので今度もメーカーの相談窓口に電話して新品と交換してもらった。

 新年に入り1月4日に別室のLED電球が瞬きはじめた。 7日には点滅が激しくなり使用に耐えず60wの白熱球に戻した。

 きれたLED電球はパナソニックのLDA11L-G/W 100V 11.2Wであった。 この電球の
使用開始は2012年12月28日、延べ点灯時間は約15000時間であるので 公称4万時間よりずいぶん短命であった。 メーカーの相談窓口に問い合わせてみたい。

|

« 短命なLED電球とメーカーの対応 | トップページ | 短命なLED電球 その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60937/63358883

この記事へのトラックバック一覧です: 短命なLED電球 その2:

« 短命なLED電球とメーカーの対応 | トップページ | 短命なLED電球 その3 »