« 2015年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年1月 8日 (金)

短命なLED電球 その3

 短命に終わったパナソニックのLED電球についてメーカーの相談窓口に1月8日に電話をした。
 丁重な応対でこちらの電球の使用環境をたずねたあと同等の規格の交換用LED電球(問題のLEDは製造終了しているとのこと)を送ってくれることになった。

 シャープ、パナソニックの対応に当然とは思いながらありがたくも思うとともに他の信用のおけるメーカーは同等のことを行っているのであろうと推定する。
 テレビで総理大臣の口から照明はすべてLED化するとの発言を聞いたが、これを実現するには公称寿命40000時間が保証される電球がほしいものである。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 7日 (木)

短命なLED電球 その2

 3個の電球からなるペンダント型照明灯をLED化したが、先日の1球目に続いて2球目のLED電球が2015年12月10日に切れた。シャープ製のDL-LA11ANである。 予期しているよりずっと短命であったので今度もメーカーの相談窓口に電話して新品と交換してもらった。

 新年に入り1月4日に別室のLED電球が瞬きはじめた。 7日には点滅が激しくなり使用に耐えず60wの白熱球に戻した。

 きれたLED電球はパナソニックのLDA11L-G/W 100V 11.2Wであった。 この電球の
使用開始は2012年12月28日、延べ点灯時間は約15000時間であるので 公称4万時間よりずいぶん短命であった。 メーカーの相談窓口に問い合わせてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2017年1月 »