« 韓国ソウル地下鉄2号線の追突事故 | トップページ | シャープ本社前を通る »

2014年5月 6日 (火)

ソウル地下鉄2号線の追突事故原因

 ソウルメトロのCEOの言として報道されていることから原因は次のようになる。
 駅に停車していた列車に後続してきた列車に対して表示(指示)する信号は、停止車のいる区間から順に各区間「停止」「停止」「注意」「進行」となるべきところ、「停止」「停止」「進行」となっており、「進行」信号に従い接近してきた列車は「停止」信号を認めて非常ブレーキをかけても次の「停止」区間のみでは十分減速できず追突したと考えられる。 自動列車停止装置(ATS)は信号と連動するので当然、「停止」区間に至るまで動作はしていないはずである。
 事故原因は信号表示がなぜ{停止」「進行」の配置になったがであるが可能性としては「4月29日未明に信号と関連する運行プログラムを変更したこと」と日経新聞(5月4日朝刊)は報じている。

 

|

« 韓国ソウル地下鉄2号線の追突事故 | トップページ | シャープ本社前を通る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60937/56091277

この記事へのトラックバック一覧です: ソウル地下鉄2号線の追突事故原因:

« 韓国ソウル地下鉄2号線の追突事故 | トップページ | シャープ本社前を通る »