« 赤信号みんなで渡れば怖くない | トップページ | 韓国旅客船事故とAIS »

2013年11月13日 (水)

マツダ車 障害検知で自動ブレーキの機能作動せず

 2013年11月10日埼玉県深谷市でのマツダ車の試乗会で障害物を検知して自動ブレーキをかける機能の体験走行中の乗用車がブレーキが作動せずにフェンスに衝突する事故があったと報道されている。

 先日に日本で開かれたITS世界会議で車の自動運転のデモがされていることがテレビなどで紹介されていたが、問題点を露呈した形となった。

 自動ブレーキは安全装置であるのでフェールセーフ性があり万一故障の場合は安全側、この場合はブレーキがかかるようになっているのかと思っていたがそうではなかったようである。

 今回のトラブルについてはその原因を徹底的に調べてほしいと思う。

 自動運転でお客さんを運ぶ機械はエレベーター、エスカレーター、新交通の電車などあるがこの原因の解明ができれば、同様の事故がこれら既存の交通機関などで起こることが防げ安全性の向上の役にたつのではないか。

 

|

« 赤信号みんなで渡れば怖くない | トップページ | 韓国旅客船事故とAIS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60937/53926125

この記事へのトラックバック一覧です: マツダ車 障害検知で自動ブレーキの機能作動せず:

« 赤信号みんなで渡れば怖くない | トップページ | 韓国旅客船事故とAIS »