« 2012年4月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年5月23日 (水)

金環日食観測失敗の記

 5月21日、大阪府堺市では快晴の夜明けで絶好の日食鑑賞日和となった。
 朝食の準備をしつつ太陽のよく見える場所を2階ベランダに確保した。

  @300円也のフィルターで太陽を見たが、小さい赤い円形がひっそりと見えるだけであった。 買った直後フィルターをとおして蛍光灯を見てみたがまったく見えなかったので安全性の面からは安心していたが、実際の太陽を見た場合すこし迫力不足に感じられた。
 金環日食の瞬間、フィルター上ではたしかにリング状に太陽が見えたが迫力ある天体ショーというには程遠かった。
 フィルターなしでちらっと観たほうがずっとよかったのかと反省する。
 報道を見聞きすると、「感動した」「天体ショーに酔いしれた」などなど金環食のすばらしさをたたえているので、小生の観測方法が適当でなかったのであろう。

 小宅は住宅地のなかであるが、日食ですこし暗くなった家々はシーンと静まり返っていて老夫婦でわいわい騒いでいる家はベランダからながめるかぎりわれわれ以外なかった。

 今回も、準備不足であった。当日あわてて太陽の見える場所をさがす始末であった。 フィルターもそこそこのものを事前に2,3試すべきであった。 絶好の環境を天から与えられながらこれを活かすことができなかったことはこれまでの人生そのもののような気がする。

 日食といえば 小学校の低学年の時、北海道の礼文島で皆既日食が観測され当時いた伊勢市で、ろうそくのすすで曇らせたガラスで部分食を眺めたことを思い出す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年8月 »