« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月15日 (金)

チリ鉱山の事故から全員生還

 昨日に続き,CNNの実況中継を見た。69日に亘り地下に閉じ込めれられていた作業員33名全員が救助された。 救助活動のため地下現場におりていた救助隊員6名も無事、地上へもどり奇跡が成就された。 このようなことが現実に起こったものだと信じにくいようなできごとであった。

 鉱業は第一次産業として位置づけられるのか、二次産業としていちづけられるのかしらないが、農漁業と同様に資源に直接ふれる鉱山の仕事の地味で危険な面が今回クローズアップされた。ときに虚業ともされる金融など第三次産業に日が当たることが多いが、貴重な地下資源は日の当たらぬところで働く人々の命がけの贈り物と折に触れ考えたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月14日 (木)

チリ鉱山落盤事故の救出がはじまる。奇跡が現実に

 チリ鉱山の落盤事故で地下700m程のシェルターに60日以上、閉じ込められていた、33名の作業員の地上への救出がはじまった。 CNNの実況で1人目をみて現時点(午後11時半ごろ)で14名が救出された。

 奇跡といっていい救出作戦であるが、すべての作業員が無事に地上に出ることを祈りたい。救助隊員も複数地下に降り立っていると思われるので最後に脱出する勇気ある隊員の無事帰還を祈りたい。 テレビでみるとカプセルを吊り上げるロープ大丈夫かとかと余計な心配をする。

 知りたいことはいろいろあるが、ドリルが数百m先の坑道にピンポイントで如何に孔を貫通させたかである。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

尖閣諸島侵略糾弾全国国民統一行動

 標題のような集会とデモが10月2日に渋谷で挙行されたとのこと。 大阪版の日経紙には書かれていなかったようで気が付かなかったが、高校同年次卒業生有志でつくるメーリングリストにこのことの投稿があり知った。 投稿者の彼は横浜から参加した。 参加者に若者、特に女性が多いことが彼の印象に残ったようである。
 彼は、先の衆議院選挙のときに、民主党は国を危険に陥れるから当選させないという主旨の運動に参加していたようである。  わたしは野党に投票することを常としてきたので、民主党に投票したが、かれの心配は現実のものになりつつあるようである。

 麻生元首相から鳩山前首相への引継ぎのときに、麻生氏から鳩山氏に 国を危険にさらすようなことのないように雑談としていったと新聞の小さな記事に出ていたが、麻生氏は普段の鳩山氏を知り忠告したのであろうが、聞く耳をもつようなお方ではなかったであろう。
 最近、驚いたことは、現沖縄県知事が、自分の県の領土が侵されている今、米軍基地は県外へと表明されたことである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »