« 氷河特急の脱線事故 | トップページ | つくつく法師が鳴いた »

2010年8月 3日 (火)

華の東京のど真ん中の椿事

 東京都在住の男女の最高齢者がわけありと判明した。

 男性は足立区の 111 才とされてきた方で何十年か前に死亡しておられたと判明。

 女性は杉並区の113歳とされてきた方で現在所在不明とのこと。

 役所はいろいろな事情というより本人に直接会って確認する義務がないようであるのでこの状態が続いて今日まできたようである。

 不思議に思うことは、東京都の最高齢となればマスコミが取材しそうに思うが無視されてきたこと、健康保険の掛け金の納付状態、介護保険掛け金の納付状況、保険の請求状況から不審に思われなかったかということである。

 これとは直接関係はないが、大阪市内のマンションで2人の幼児が母親に監禁状態で置き去りになり非常に悲惨な死に至った事件がごく最近明らかになった。 この際、異常事態を知らせる情報に接しながら役所が踏み込んだ調査をしなかったためにあるいは救助できたかもしれない2人を犠牲にしてしまった。 どこか 似た構造が感じられる。

|

« 氷河特急の脱線事故 | トップページ | つくつく法師が鳴いた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60937/36017833

この記事へのトラックバック一覧です: 華の東京のど真ん中の椿事:

« 氷河特急の脱線事故 | トップページ | つくつく法師が鳴いた »