« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月25日 (水)

新宿駅ホームでの乗車待ち客の事故

 8月23日の午後8時半ごろ京王線新宿駅で電車待ちの列に酔っていたと思われる別の客がつっこみ、待ち行列の先頭におられた男性客が押し出され電車とホームにはさまれてなくなられる事故があった。
 私は、この種の危険は予想されることであるので何時も注意しているつもりであるが、たまたま先頭近くで待つことになり後から不意に押されれば避けようがない。

 酔っ払いでなくても先を急いで他人を押しのけて進む方々もすくなくないので、被害を受ける可能性は常にある。また、自分がなにかでよろめいて他のお客さんに怪我させる加害者となる可能性もある。
 この種の危険を防ぐにはホームドアの設置しかない。 ホームドアは無人運転のニュートラム、ポートライナーでおなじみになり、普通の路線にも設置されだしたと聞いているので期待したい。

 鉄道はその特性上保安装置が付けやすく、福知山線事故のように設置が遅れた例をのぞけば、衝突、追突、脱線など最小限に保てる大変安全なシステムとされる。 しかし、今回のように乗客相互で起こる保安装置とは別次元の事故はふえるのではないか。 駅員、乗務員の削減されている現状は犯罪の発生の要因ともなる。 JR西のサンダーバード車内での暴行事件も古い話ではなく、乗客のまばらな時の無人電車内は不安な空間である。

 監督官庁も鉄道会社も乗客相互のトラブルにより注意をむけてほしいと思う。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月19日 (木)

つくつく法師が鳴いた

 昨日18日の夕方、つくつく法師の鳴き声がきこえた。 厳しい残暑がつづかが秋も忍び寄っているのか。

 残暑が厳しいわりにはこれを報じる新聞記事に地球温暖化のせいであると声高に叫ぶ主張がすくないように思う。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 3日 (火)

華の東京のど真ん中の椿事

 東京都在住の男女の最高齢者がわけありと判明した。

 男性は足立区の 111 才とされてきた方で何十年か前に死亡しておられたと判明。

 女性は杉並区の113歳とされてきた方で現在所在不明とのこと。

 役所はいろいろな事情というより本人に直接会って確認する義務がないようであるのでこの状態が続いて今日まできたようである。

 不思議に思うことは、東京都の最高齢となればマスコミが取材しそうに思うが無視されてきたこと、健康保険の掛け金の納付状態、介護保険掛け金の納付状況、保険の請求状況から不審に思われなかったかということである。

 これとは直接関係はないが、大阪市内のマンションで2人の幼児が母親に監禁状態で置き去りになり非常に悲惨な死に至った事件がごく最近明らかになった。 この際、異常事態を知らせる情報に接しながら役所が踏み込んだ調査をしなかったためにあるいは救助できたかもしれない2人を犠牲にしてしまった。 どこか 似た構造が感じられる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »