« トヨタプリウスの電子制御系のトラブル | トップページ | エレベーター事故の原因調査を運輸安全委員会で行うことに »

2010年2月26日 (金)

米議会の公聴会で豊田社長が証言

 豊田社長は臆することなく議員の厳しい追及に応えておられたように見受けた。

やはり焦点はプリウスの電子制御系であった。 この系に不具合があるという証明も難しいが、不具合は皆無という証明も難しいように感じる。 日本でエレベーターの事故の原因調査に手こずっていたことをみれば困難さがわかる。 トヨタは異常があればエンジンを止める安全装置をつけている、すなわちフェールセーフになっているといっておられるが異常の検知が間違いなくなされるという前提が必要である。 電子制御系を採用すれは トヨタ車にかぎらず何処の車も同じ問題がおくることになる。

 ずい分昔、「Unsafe at any speed 」という本を出してアメリカ自動車メーカーの不安全性を糾弾したラルフ ネーダー(記憶が正しければ)という消費者運動家がいたが、現在の米メーカーの安全への取り組みはトヨタを凌駕するほどよくなっているのであろうか。

|

« トヨタプリウスの電子制御系のトラブル | トップページ | エレベーター事故の原因調査を運輸安全委員会で行うことに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60937/33535835

この記事へのトラックバック一覧です: 米議会の公聴会で豊田社長が証言:

« トヨタプリウスの電子制御系のトラブル | トップページ | エレベーター事故の原因調査を運輸安全委員会で行うことに »