« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月22日 (日)

「坂の上の雲」が書店で目に付く

 久しぶりに書店を覗いた。 「坂の上の雲」を特集する雑誌などが目に付いた。
 NHKで司馬遼太郎氏の、この小説がテレビドラマ化され間もなく始まるからと思われる。

  この小説は、10年以上もまえに、多分図書館から借りて読んだ。面白かったので古本を買っておきたいと思いながらそのままになっている。

  読み終わったあとで、祖父の履歴書から、日露戦争では 奥軍に属して従軍していたことを知り、一層、関心を持ち続ける本となった。

  ロシアのバルチック艦隊を破った日本艦隊に発明してあまり時を経てない無線機が装備されていて、これが作戦に威力を発揮して勝利の要因の一つとなったことも印象に残る。

 わが国の勃興期を描く痛快な本であるが、立場により軍国主義とか批判的な人もあろう。
 ドラマの始めの方は問題はないが、戦争の場面となると、歴史認識とか、なんとか、外国勢力を呼び込んだ騒ぎにならないかじっと観察していきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

ベルリンの壁が崩壊してから20年

 もう20年になるのかと驚く。 その後、期待されたように平和な世界にはなっていない。
特に記すことをないが メモとして残す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

インフルエンザ予防注射を受けた

 昨日(11月2日)朝、隣接する和泉市のある医院で季節性インフルエンザの予防接種を受けた。 2900円を要した。
 堺市民であるので、市役所の元締め課に電話で問い合わせると予防接種をしてくれる堺市内の近所の医院を数箇所おしえてくれた。 同時に65歳以上は1000円ですとの情報も得た。 教えられた医院へ電話すると、何処もワクチンの在庫切れということで予防接種をことわられた。 
 昨年も同じ様に予防接種を思い立ったが、堺市内の近所では予約一杯でかなり先ということで、駆け込んだ隣の町の同じところへ問い合わせ何とか在庫切れ直前で間に合ったものである。 この場合、高齢者補助なしで2900円が必要となった。

 毎年、このようなことが繰り返されているのかどうか知らないが、季節性インフルエンザでこの調子であれば、新型インフルエンザのワクチンが不足するといのは至極当たり前のような気がする。 この状況を改善してくれるのは 市のレベルではなさそうであるが何処が担当部署であろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »