« 肥後橋のフェスティバルホールが消えていた | トップページ | 人間ドック受診 »

2009年10月22日 (木)

日本郵政社長西川氏嬲り殺しのような辞任劇

 西川社長が郵政の社長を辞任され、すぐに後任に元大蔵次官の斎藤氏が後を継ぐことになった。
 郵政の民営化に逆風が吹き始め民主党になってからそれが決定的になったので辞任は時間の問題とおもわれていたが、現実となるといろいろと世論があるであろう。
 西川氏は小泉郵政民営化軍の最後の残党と目され、大小大臣が競って首を取ろうとして結果的に嬲り殺されたような感じをうける。 武士道とはどんなものか知らないが孤軍奮闘する人に対する人情は? 私は、先の郵政選挙では岡田党首の党に投票しているので民営化がすばらしいこととは思っていなかったが、われわれのうちの多数が熱狂的に民営化を支持した結末がこれかと思う。
 後任は現職時に大物として名高かった官僚であるが、民主党はその党是に反して天下りを容認した。 私は官僚の天下りは必ずしも悪とはおもっていないが、政権をとって間もない党としては、今回も投票したものとして残念な気がする。
 蟻の穴から堤防が決壊するという喩えがあったように記憶するが、蟻の穴よりもずっと大きい穴である。
 国民新党の亀井幹事長のご発言はいつも穏当でわかりやすく、家内がファンであったが最近あまりテレビで見かけなくなったと思っていたら惜しいことに落選されたようである。
 亀井郵政大臣が秀吉のようなお方とすると前幹事長は秀長の様な存在であってほしいと思う。

 
 

|

« 肥後橋のフェスティバルホールが消えていた | トップページ | 人間ドック受診 »

コメント

nosmoking 鳩山由紀夫がいかにごまかしの言い訳をしても、斎藤次郎は明らかに天下り・渡りである。
天下り・渡りを問題にしてきた民主党が自ら天下り・渡りをさせるわけであるから、鳩山由紀夫は責任を取るべきである。
民主党は異様な特異体質であり、亀井静香や千葉景子などの炎症を起こしたアキレス腱が多い。
鳩山・亀井・斉藤の社会主義国営の郵便局は決して使わず、
その代わりにコンビニ、ヤマト運輸、銀行、保険会社及び証券会社等を利用しよう。
そして、官営郵政を衰退させて、預金が国債の購入に使われないようにしたい。
国債の利払いは約10兆円になっており、税収の2割を超えている。

投稿: 民主党の渡り人事 | 2009年10月24日 (土) 19時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60937/31882661

この記事へのトラックバック一覧です: 日本郵政社長西川氏嬲り殺しのような辞任劇:

« 肥後橋のフェスティバルホールが消えていた | トップページ | 人間ドック受診 »