« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月28日 (水)

大阪湾岸のWTCビルを大阪府が85億円で購入決定

 橋下大阪府知事が熱心に進めてきた府庁の移転先のビルとして、議会にOKを求めていた大阪市の3セクのWTCビルは府庁中枢部の移転は棚上げしてとりあえずビルを先行取得するかたちで決着したと新聞が報じている。
 購入価格は85億円近いとのことであるが、建設費は1200億に近いという。 郵貯関係の不動産を叩き売ったとして、いいがかりのような非難を浴びせられていた人がいたが似たような値引き販売である。しかしこのような処分は、やむをえないことであろう。  すこし前には、厚生年金などの施設の低価格処分も沢山あったように記憶する。
 WTC(ワールド トレード センター)ビルは各地にあるようで9.11事件で破壊されたニューヨークの双子のビルも同じ名前であった。

 アメリカのボルティモアに旅行したときにも、海辺に20階ほどのWTCビルがあった。このまちには大阪のWTCビルの対岸にある水族館「海遊館」を思わせるような水族館もあり不思議な思いがした。 写真を記録として貼り付けようとしたが目下行方不明。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月27日 (火)

人間ドック受診

 今日、富田林市にあるPL病院で人間ドックを受診した。 堺市の特定健康診査(メタボ検診)を市内の指定医院で年1回、無料で受けられるが12000円自己負担すれば人間ドックが利用できることになっているので、これを活用した。
 あたらしい大きな病院で、当初からドックをやることを前提でつくられているのか、ゆったり受診できた。 これまでのドック受診経験では受付をすませたあと案内にしたがって、いろいろな検査を順次受ける回遊式、例えばゴルフコースのようなシステムが多かったように思うが、今回は星型とよぶか放射状とよぶか、一箇所の待合室で待機して、呼び出しがある毎に近くに配置された検査室へ行き、終われば待合室にもどり次を待つ方式であった。
 ドックは数箇所の医療機関がら選べるが宗教団体の関与する病院とは、と好奇心もあり、ゴルフ場の近くで土地勘もあることからPL病院を選んだ。  年金生活者にとってはこの程度の負担でドックが受診できることはありがたい。
 結果はある消化器のチェックをしておくようにとのことであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月22日 (木)

日本郵政社長西川氏嬲り殺しのような辞任劇

 西川社長が郵政の社長を辞任され、すぐに後任に元大蔵次官の斎藤氏が後を継ぐことになった。
 郵政の民営化に逆風が吹き始め民主党になってからそれが決定的になったので辞任は時間の問題とおもわれていたが、現実となるといろいろと世論があるであろう。
 西川氏は小泉郵政民営化軍の最後の残党と目され、大小大臣が競って首を取ろうとして結果的に嬲り殺されたような感じをうける。 武士道とはどんなものか知らないが孤軍奮闘する人に対する人情は? 私は、先の郵政選挙では岡田党首の党に投票しているので民営化がすばらしいこととは思っていなかったが、われわれのうちの多数が熱狂的に民営化を支持した結末がこれかと思う。
 後任は現職時に大物として名高かった官僚であるが、民主党はその党是に反して天下りを容認した。 私は官僚の天下りは必ずしも悪とはおもっていないが、政権をとって間もない党としては、今回も投票したものとして残念な気がする。
 蟻の穴から堤防が決壊するという喩えがあったように記憶するが、蟻の穴よりもずっと大きい穴である。
 国民新党の亀井幹事長のご発言はいつも穏当でわかりやすく、家内がファンであったが最近あまりテレビで見かけなくなったと思っていたら惜しいことに落選されたようである。
 亀井郵政大臣が秀吉のようなお方とすると前幹事長は秀長の様な存在であってほしいと思う。

 
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年10月13日 (火)

肥後橋のフェスティバルホールが消えていた

 今日久しぶりで、大阪市の都心部に出かけた。 肥後橋界隈を歩いていてフェスティバルホールが立替のためか無くなっているのに気が付いた。 大学生のころに出来たホールで国際芸術のフェスティバルなどやっていて、無縁ではあったが華やかな雰囲気を感じていたが寿命が来たのかと少々の感慨はある。

 この界隈の三井ビルで2,3年勤務したときに同ホール内のグランドホテルのバーに首を突っ込むこともあった。 この三井(物産)ビルもいつの間にか建て変わっている。

 フェスティバルホールに隣接していた帝産ビル(記憶はあやふや)も姿を変えている。
 ビルに比して人間の寿命は案外長いものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 2日 (金)

LRT都市サミット広島2009への堺市の取り組み

 環境問題に関心を持つ広島在住の知人から10月1日付けの広島市広報誌「市民と市政」の第一面のコピーが送られてきた。
 「LRT都市サミット広島2009」が10月30日、31日に広島市主催で開催されることを報じている。 プログラムの一つに首長会議が予定され 堺市も参加するとされている。
 竹山新市長はLRT計画凍結を公約されているのでどうされるのか関心をもっている。
 LRTについてガイドラインを示し、こういう根拠で採用を見送るというような主張も必要ではないかと思う。 採用するにしろ、しないにしろ根拠がはっきりしないといま話題のダムが必要だとか不要だとか建設途上で問題になるのではないかと余計な心配をする。

 なお、インターネットを検索するとこのサミットの情報は大量に出てくる。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »