« 堺市市長選挙で新人の竹山氏が当選 | トップページ | LRT都市サミット広島2009への堺市の取り組み »

2009年9月29日 (火)

堺市市長選挙結果

 堺市市長選挙でも 現職が大差で敗れるという国政選挙のような結果になった。

 上位2候補の得票は 竹山氏 13万6千票、木原氏8万9千票 の大差であり、投票率も前回を11ポイント上回る約44% という高さで市民の関心の高さが示された。

 今回の選挙は身近なテーマがあり、当代一の人気政治家が介入してきたこともあり興味深い選挙であった。 有力な二方のいづれが市長になられても安心ということもあり無責任に楽しめるものであった。
 投票する立場で見て現職市長の木原氏の敗因は

1 投票時間内のNHKテレビの同氏の紹介は 自民党・公明党推薦となっていたが、国政選挙で惨敗して野党になった党の名前が前面に出るのはどうかと感じたものである

2 多くの市民がそろそろ気分を変えたらと思っていた所に信頼できそうな経歴の対抗候補が現れたこと

3 人気者府知事がしばしば相手候補の応援に駆けつけたこと

4 小生の住む地域に配られる無料の新聞にたえず木原市政への批判(選挙運動期間中も)が掲載されたが、これにたいして無視、黙殺の姿勢をとっておられたように感じたこと

など、立派な実績をあげれたにもかかわらず、すこし油断されたのかと思う。

|

« 堺市市長選挙で新人の竹山氏が当選 | トップページ | LRT都市サミット広島2009への堺市の取り組み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60937/31560270

この記事へのトラックバック一覧です: 堺市市長選挙結果:

« 堺市市長選挙で新人の竹山氏が当選 | トップページ | LRT都市サミット広島2009への堺市の取り組み »