« 東京港区マンションのエレベーター事故でメーカーと保守会社幹部が在宅起訴 | トップページ | JR京葉線 変電所小火で全線7時間運休 »

2009年7月23日 (木)

日食 曇り空で不発

 46年ぶりの日食をすこし楽しみにしていたが大阪地区くもりのために鑑賞できず。

 46年と言われるが、記憶に残るのは 60年以上昔の北海道の礼文島で皆既食がみられた小学生低学年の時のことである。 当時、敗戦後まもなくであったためか、特別の観測グッズが売りだされるわけでなくガラス片にローソクの煤をつけたもので太陽を眺めた。 今回の日食の直前に出されているパンフレット類には、この方法は危険と書かれているが根拠は示されていない。

 当時、伊勢市の早修小学校に在籍していたが、教室不足で運動場で青空授業をうけたりしていたが、よりよい方法であったのであろう、長期にわたり、はなれた宮川のほとりの中島小学校に通わされていたことなど日食のついでに想起される。 

 今回の日食観測を妨げた梅雨空は、山口県などに甚大な水害をもたらしたことは記憶に留めて置かなければならない。

|

« 東京港区マンションのエレベーター事故でメーカーと保守会社幹部が在宅起訴 | トップページ | JR京葉線 変電所小火で全線7時間運休 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60937/30658113

この記事へのトラックバック一覧です: 日食 曇り空で不発:

« 東京港区マンションのエレベーター事故でメーカーと保守会社幹部が在宅起訴 | トップページ | JR京葉線 変電所小火で全線7時間運休 »