« 梅の木に今年も害虫襲来 | トップページ | 大阪地下鉄の運行トラブルの案内 »

2009年5月 5日 (火)

阪神高速道路の電気自動車用急速充電器

5月4日に息子の車で9時ごろ発で堺から明石へ向かった。 阪神高速の湾岸線は南港大橋上で一両のバスがエンコして1車線を塞いだためにかなり渋滞し、問題箇所を通過後の中島PAで小休止した。 駐車スペースがほぼ一杯の賑わいであった。
 PAから出発間際に EV QUICK と表示のあるポールに気が付き、日経紙の記事(2009年4月21日付け朝)を思い出し携帯で写真を撮った。 傍に行き充電器を見る気力も時間もなかった。 記事では 利用者がセルフサービスで使用するもので、「電圧500ボルトの性能で、5分で約40キロ、10分で約60キロを走る分を充電することができる。」となっていた。
  阪神高速のホームページにはこれ以上のくわしい説明はない。 家庭で夜間充電するのに7時間かかるともいわれているので充電時間の長いことが実用化のネックではと思っていたが記事のようであれば、充電ステーションがガソリンスタンドごとにあればまず安心できそうである。

 中島PAの電気自動車用 急速充電器の設置場所表示

Evquick 
 

|

« 梅の木に今年も害虫襲来 | トップページ | 大阪地下鉄の運行トラブルの案内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60937/29454735

この記事へのトラックバック一覧です: 阪神高速道路の電気自動車用急速充電器:

» ガソリンカード節約 [ガソリンカード節約]
ガソリンカード節約では、ガソリンカードの節約技を紹介しています。 ガソリンカードの節約で家計は潤います! [続きを読む]

受信: 2009年5月 9日 (土) 16時57分

« 梅の木に今年も害虫襲来 | トップページ | 大阪地下鉄の運行トラブルの案内 »