« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月26日 (木)

国交省 建築物等事故・災害対策部会第1回 昇降機等事故対策委員会

 2009年2月16日東京新宿区の雑居ビルのエレベータで事故が起こった。 このエレベーターのホール側の扉はエレベーターのかごがその扉の階へ停止するとロックが解けて手で開けられる構造であった。

 事故にあわれた男性のかたは地下一階に転落されて意識不明の状態で発見されている。 、エレベーターのかごは5階に停止していたのに、何らかの理由で1階の扉のロックが解けて手で開けられたためにエレベータが来ているものと思って前に進みシャフト内へ転落されたものと推定されているようである。 その後の警察の捜査ではロックそのものが長期にわたりつかわれて十分機能していなかったと推定しているような報道があった。

 2月25日には姫路の工場で荷物運搬用のエレベーターでよく似た事故が起こり女性の方が亡くなられた。

 昨日の国交省メルマガを見ると 今日26日に社会資本整備審議会建築分科会建築物等事故・災害対策部会第1回 昇降機等事故対策委員会が午後6時から開かれる予定と書かれていた。 
 エレベータ事故はつづいており、しかも原因究明が未完のものも残されている。もっと鉄道のように事故を重視して再発防止に頑張ってほしいと思う。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月16日 (月)

日本国の船頭衆は大丈夫か

 現内閣の重要閣僚がこれまた重要な国際会議後にだらしない姿をさらした。
任命責任者たるトップの首相もとかくの批判にさらされている。 わが国は大丈夫かと不安になる。
 とはいえトップをごく最近選んだのはトップエリートの議員先生方であり、その判断力が問われるとなると不安はさらに大きくなる。
 議員先生がたも、もとはわれわれが選んだ方々であり、国民ひとりひとり、もちろん自分もその一人、の身から出た錆であろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

注文の増えるリヤカー

 今日の朝8時半ごろテレビ(大阪地区8チャンネル)で違法駐車取締でリヤカーの注文が増えているとの特集報道があり、ムラマツ車両というメーカーが紹介されていた。 リヤカーは自動車の普及で姿を消したかに見えているが息を吹き返している。 リヤカーは鉄パイプを溶接でつなぎ合わせて作るために高度な溶接技術がいるとのことで紹介されていたメーカーはその技術を活用してリヤカー以外のものもつくり生き延びてこられたようである。 

 2007年11月23日の日経紙朝刊にリヤカーを作っておられる方のエッセイが掲載されていてこのブログにも記録したが、そのときで国内生産は1000台程度ではないかといっておられた。  当時の記事は残っていないが この筆者はムラマツ氏かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月13日 (金)

堺市LRT運賃収入6億円予測

 2009年2月13日付け日経紙朝刊に計画中の堺市LRTについて地元説明会を15日に始めて開くという記事が出た。
 LRTの概算事業費は425億円、年間運賃収入は6億円と予測されている。 事業費の多くは公費で賄われるであろうし、公共性から採算ベースだけで考えては良くないと思うが市民として税金、健保、介護保険など払い続ける必要があるので市の将来の財政に心配な面がある。 新聞記事にはこうした面でのコメントは出されていない。
 堺市のホームページではLRTの情報は昨年12月25日の基本計画が最新で、報道提供資料にも13日現在、この記事のもとは出ていない。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドトールコーヒー

 日経新聞連載の「私の履歴書」は今、ドトールコーヒーの創業者の鳥羽博道氏が執筆しておられる。きょうの紙面で、社名をドトールとされたいわれがわかった。
 同氏がブラジルで働いておられたときの住所「ドドール・ピント・フェライス通り85番地」から由来し、ドトールはポルトガル語のDOUTOR、英語ではDOCTORに相当するとのことである。
 
 近くのスーパーに同社の出店があるので我が家ではドトールコーヒーを常用しているが、長いあいだの疑問が解けた感がする。 居酒屋談義のはなしの種としては力不足ではあるが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月10日 (火)

国のエレベーター事故の調査体制が動き出した

 旧聞に属するが、2009年2月4日、5日に国交省報道発表やそれによる新聞報道で「昇降機等事故対策委員会」が設置されることになったとのこと。 事故発生メカニズム等の調査及びこれを踏まえた再発防止対策の検討を迅速かつ適確に行うことを目的としている。

 国交省のホームページによると、平成18年6月3日の東京港区シティハイツ竹芝のエレベーターにおける戸開走行死亡事故については、まだ原因は判明していない。 平成20年10月15日に警視庁に事故機の調査を要請と記されているので、それまでは原因調査は犯罪捜査上の調査としてしかなされていなかったように見える。

 平成20年12月8日の京都左京区のマンションにおいてエレベーターにはさまれ事故があったが、これについても原因がわかったとは記されていない。 京都市が立ち入り検査をして動作確認後に運転復旧としている。

 国交省の報道資料には含まれていないが平成19年10月22日には大阪西成警察署のエレベーターが人の操作なしに上昇し7階天井に衝突している。 これについては旅先でテレビで見たのでくわしいことはわからないがけが人がいないので調査対象外かもしれないが怖い事故である。

 設立された委員会は 運輸安全委員会のように調査の権威と権限をもたれることを期待したい。

 この委員会は 社会資本整備審議会 の下部の建築分科会の下部の建築物等事故・災害対策部会のそのまた下部に属する委員会である。 正式委員会名や委員の方々は2月6日の建築物等事故・災害対策部会で決められることになっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

庭の梅ノ木 満開近し

 2月6日、庭の梅ノ木がほぼ満開となった。 頂いた鉢植えの梅を地植えにし、ほとんど手をかけていないが律儀に花をつけてくれる。

 害虫に2度ほどとりつかれたがその悪影響はないように見える。

Photo_2          

2月6日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »