« 資源ごみの収集日 | トップページ | 新千歳空港の滑走路上でのニアミスの原因報告が出された »

2009年1月22日 (木)

オバマ大統領就任 グリーン・ニューディールとは

 アメリカにとってまた影響を受ける世界にとってオバマ大統領の就任式は記念すべき出来事ととして記録しなければならないであろう。 一連の儀式は眠ってしまって観る事ができなかったし演説を聞くことも出来なかったがニュースでみるワシントンの各所を埋め尽くす熱狂ぶりには驚くほかはない。  小泉元首相にかって熱狂した人々も多かったがこれにはおよばない。

 1920年代終わりから30年代の大恐慌に立ち向かったフランクリン・ルーズベルト大統領のニューディール政策にならって グリ-ン・ニューディールとよばれる新エネルギー創造で雇用を増やす政策も話題にされている。
 日経紙とニューヨークタイムズの就任演説原稿を対照しながらみると この言葉ずばりは見出せなかったが 

 We will harness the sun and the winds and the soil to fuel our cars and run our factories. 

 という件がそれに相当するようである。 「太陽と風力と土(農業から得られるバイオ燃料のことか)を利用して車を走らせ、工場を稼動させよう」と間接的に表現されている。

 

|

« 資源ごみの収集日 | トップページ | 新千歳空港の滑走路上でのニアミスの原因報告が出された »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60937/27357032

この記事へのトラックバック一覧です: オバマ大統領就任 グリーン・ニューディールとは:

« 資源ごみの収集日 | トップページ | 新千歳空港の滑走路上でのニアミスの原因報告が出された »