« 東芝エレベータ㈱製間接油圧式エレベーターの緊急点検国交省が指示 | トップページ | 電動シャッターのリモコン送受信機の取替え »

2008年12月25日 (木)

シンガポールの大観覧車の事故

 23日、世界最大とされるシンガポールの観覧車「シンガポール・フライヤー」が観覧車の駆動装置の故障(電気的ショートと見られる)で営業中に停止した。 大部分の乗客は故障復旧後の運転再開まで6時間ほどゴンドラに閉じ込められていたようである。
 午後5時ごろからの出来事であったが、好天の昼間なら赤道近い彼の地でゴンドラ内にクーラーはあったと思われるが大変な苦痛であったろうと想像できる。
 だれもが観覧車に乗る時はひょっとして高いところで故障や停電で止まるのではないかと程度の差はあれ不安は感じると思うが現実になった。 死傷者の出ない故障停止は確率は限りなくゼロに近づけることはできてもゼロにはできない。 しかし、死傷者の出る事故は皆無に望みたい。 昨年8月13日に釜山の移動式遊園地の観覧車のゴンドラのドアがあいて5人の方が落下して亡くなった事故があったが、海外の事故も含めて研究して日本の各地の観覧車もより安全にしてほしいと思う。

 数年まえにロンドンへ旅行した時にテムズ河畔にある世界一と称する観覧車 ロンドン・アイ(ビッグ・エッグと間違って記憶していた)に乗ったがシンガポールの観覧車に越されていたとは知らなかった。

|

« 東芝エレベータ㈱製間接油圧式エレベーターの緊急点検国交省が指示 | トップページ | 電動シャッターのリモコン送受信機の取替え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60937/26470652

この記事へのトラックバック一覧です: シンガポールの大観覧車の事故:

« 東芝エレベータ㈱製間接油圧式エレベーターの緊急点検国交省が指示 | トップページ | 電動シャッターのリモコン送受信機の取替え »