« シンガポールの大観覧車の事故 | トップページ | 2008年最後の日 »

2008年12月25日 (木)

電動シャッターのリモコン送受信機の取替え

 カーポート用の電動シャッターのリモコンが不調になった。 これまでも感度は良くなかったが電池を換えても復旧せず、調べるために受信機を戸袋から出してみた。
 配線に吊り下げられた形で無造作にとりつけられていた。 リモコンの送信機を受信機にくっつけるほどに接近させるとやっと動作することがわかった。

 受信機の銘板をたよりにインターネットでメーカーをさがして電話すると該当機種は廃番になっており修理が難しいとのことであった。1990年に取り付けたものであり新機種に取り替える考えで機器の定価を尋ねたが情報は得られなかった。
 シャッターに貼られている保守会社の電話番号を頼りに連絡して取替えの依頼をした。

 12月25日に取替え作業は一時間以内に終わった。 好奇心から廃棄する受信機の中身を見せてもらったが、上昇、停止、下降を指令する3つの電磁リレー以外は回路については理解できずであった。

 要した費用は52500円で、すこし高い印象であったが、新リモコンの性能は満足すべきもので、10m以上はなれている室内からの信号にも反応した。 シャッターの見えないところから誤って閉める操作をする危険は心すべきと感じた。

Photo シャッターの戸袋から出したリモコン受信機

Photo_2 撤去したリモコン受信機の内部(1990年取り付け)

|

« シンガポールの大観覧車の事故 | トップページ | 2008年最後の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60937/27685038

この記事へのトラックバック一覧です: 電動シャッターのリモコン送受信機の取替え:

« シンガポールの大観覧車の事故 | トップページ | 2008年最後の日 »