« ロスアンジェルス郊外でのメトロリンク通勤列車事故と携帯メール | トップページ | 地下鉄車両落書きの容疑者がつかまった »

2008年10月 9日 (木)

日本人物理学者3名の方がノーベル賞受賞

 東京株式市場の日経ダウ平均が10000円割れという事態となった。

 一方で、ノーベル物理学賞を日本人3名の方が同時受賞というめでたいニュースも記録に留めたい。南部氏、小林氏、益川氏3名の学者の方々はすべて素粒子理論論の研究者と紹介されている。
 湯川教授が日本人初のノーベル賞を受賞されたとき、終戦後まもない、小学生時代であったが、人のはなしに頭脳と鉛筆と紙があれば研究できるのが素粒子論で貧しい(当時)日本に適した科学とか聞かされたものである。
 今回受賞された先生がたも、南部氏をのぞき、子供のときに同じようなことを聞かされたかもしれない。

 地下100mほどのところに建造された全長27kmの環状の巨大な素粒子加速施設(欧州合同原子核研究機関のLHC)が9月はじめに動きだした。ずい分お金がかかっているはずである。素粒子理論も紙と鉛筆の時代ではないようである。
 新聞にはこれらの解説記事があるが、高校の物理程度の基礎知識しかなく理解がむつかしい。 

|

« ロスアンジェルス郊外でのメトロリンク通勤列車事故と携帯メール | トップページ | 地下鉄車両落書きの容疑者がつかまった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60937/24370502

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人物理学者3名の方がノーベル賞受賞:

« ロスアンジェルス郊外でのメトロリンク通勤列車事故と携帯メール | トップページ | 地下鉄車両落書きの容疑者がつかまった »