« 北京オリンピック始まる | トップページ | 今日終戦記念日 »

2008年8月13日 (水)

北京オリンピックとグルジア

 北島選手が100m平泳ぎで2大会連続優勝した。敬意を表したい。

 オリンピックは平和の祭典などと呼ばれることがあったが、今回は開会式の当日にグルジアとロシアの軍事衝突がありあまりすっきりした大会とはならないようである。
 オリンピックは超大国ないしは超大国志願国が国威を発揚して力を見せ付けて、戦わずして勝ち覇権をにぎるための場のような形になりかねない。

 グルジアとロシアの衝突はどちらに理があるのかわからないが、圧倒的なロシアの兵力をみると、1956年にハンガリーの対ソ連叛乱をソ連戦車が押しつぶした情景を思い出す。当時大学受験期であったとおもうが固唾を呑んで毎日の新聞を読んだ記憶がある。 ハンガリー動乱は殆どの現役の人々には遠い歴史上のできごととなっているのであろう。 2年前にハンガリーを旅行したときに中年の現地ガイドに動乱について聞くと生まれる前のことですとの返事がもどった。

 なお、CNNを見ると、ロシア大統領とフランス大統領が共同記者会見で収拾の方向にあるといっているように見受けた。くわしくはわからない。

 

|

« 北京オリンピック始まる | トップページ | 今日終戦記念日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60937/22947065

この記事へのトラックバック一覧です: 北京オリンピックとグルジア:

« 北京オリンピック始まる | トップページ | 今日終戦記念日 »