« イギリスの16年つづいた経済成長とまる。 ロンドン地下鉄の料金は経済成長の果実か | トップページ | 不審なメールを受信 »

2008年8月25日 (月)

北京オリンピックは終わった

 昨日で話題の北京オリンピックは終わった。 断片的にテレビで見た開会式はすばらしかった。しかし、長すぎたので閉会式は見る気持ちは起こらなかったがたぶん印象的なものであったと想像する。
 中国は獲得メダル数は世界一を記録した。 金を積めばメダルが取れるわけではない。 練習の環境を整え、選手を発掘して、有能なコーチが指導し、相当の年月を経て可能になるものであるから、中国の国を挙げての組織的な取り組みの賜物であろう。
 少年期に見聞きしたオリンピックはアマチュアしか参加資格がなかったと思う。 ブランデージさんという厳格な往時IOC会長がこれを守らせていた。
 その時代米国・西欧と対峙していたソ連や東欧の社会主義国はオリンピックで好成績を挙げていたと記憶する。 当時ステートアマと呼ばれていたとおもうが国が国策として選手を養成していたような感じで、いまの中国と一脈通じるところがあった。

 いつの間にか、プロも参加するようになったが、その変更の根拠は記憶にはない。
 わが国の今大会の野球チームは、プロの選手で構成されたと聞く。 

|

« イギリスの16年つづいた経済成長とまる。 ロンドン地下鉄の料金は経済成長の果実か | トップページ | 不審なメールを受信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60937/23245690

この記事へのトラックバック一覧です: 北京オリンピックは終わった:

« イギリスの16年つづいた経済成長とまる。 ロンドン地下鉄の料金は経済成長の果実か | トップページ | 不審なメールを受信 »