« 東京ビッグサイトのエスカレーター急停止事故 | トップページ | 米騒動 無洗米に虫発生 »

2008年8月 5日 (火)

ビッグサイトのエスカレーターは重量オーバーであった

 今日の新聞によると、事故を起こしたビッグサイトのエスカレーターのブレーキ能力は9.3トンであったそうである。 これ以上の力がブレーキに抗して働いたことになる。
 正確なデータは不明であるが新聞などから拾い集めた数を前提に考えると、エスカレーターのステップ数は83、エスカレーターの上昇角度30度、ステップ一枚当たり乗っていた人の数をN人、一人の平均体重を60kgとするとブレーキに抗して逆走(落下)しようとする力は、83×NX(60/2)kgとなる。 これがエスカレータのブレーキ力9300kgと吊り合うときのNは 3.7人となる。 一つのステップに4人弱の人が居たと推定される。

 今日外出して近くの普通の駅のエスカレーターを利用した。 手に荷物がなければ3人は余裕で1ステップに立つことができると思った。 イベントの興奮状態にあるときだから4人近くが載っても不思議ではなさそうである。

 エスカレーターへ進入する客を整理する係員は多分、乗りすぎるとずり落ちる構造とは夢想像しなかったであろう。 むしろ、大都市の満員電車の習性からできるだけ乗せたいと思ったのではないか。 

 幸い屈強な若者男性主体の客で、将棋倒しなど起きず死者が出なかったが、事故の予見性などで刑事責任を追及することの難しい事故に見える。 

 、

|

« 東京ビッグサイトのエスカレーター急停止事故 | トップページ | 米騒動 無洗米に虫発生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60937/22808120

この記事へのトラックバック一覧です: ビッグサイトのエスカレーターは重量オーバーであった:

« 東京ビッグサイトのエスカレーター急停止事故 | トップページ | 米騒動 無洗米に虫発生 »