« ニューヨークのビル建設用クレーンの倒壊が相次ぐ | トップページ | 東京港区のマンションのエレベーター事故から2年 »

2008年6月 3日 (火)

温暖化の「異説」相次ぐ

 標題のような2日付け日経朝刊の見出しで地球温暖化二酸化炭素主犯説に異議を唱える学者の方々にも発言の機会のあった「日本地球惑星科学連合大会」について報じている。ノーベル平和賞まで受賞したIPCCの主張する温室効果ガス説が政治の世界では定説となっているが、小学校中学校では今地球は氷河期と氷河期との間の間氷期にあるとも教えられているのでこの論争は興味深い。
 しかし、資源の浪費を抑えるため、また他国からの二酸化炭素排出量をたねに締め付けられることを回避するためにも、定説を宗教として信じる事が賢明のように思われる。
 

|

« ニューヨークのビル建設用クレーンの倒壊が相次ぐ | トップページ | 東京港区のマンションのエレベーター事故から2年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60937/21372639

この記事へのトラックバック一覧です: 温暖化の「異説」相次ぐ:

« ニューヨークのビル建設用クレーンの倒壊が相次ぐ | トップページ | 東京港区のマンションのエレベーター事故から2年 »