« 東京港区のマンションのエレベーター事故から2年 | トップページ | E-TAXでの2007年確定申告やっと終わる »

2008年6月23日 (月)

東芝が白熱電球製造停止 トルコのホテルの蛍光球照明

 6月5日から14日までトルコを旅行していたので久しぶりでの投稿。旅行中の記録は遡って少しずつ記して行きたい。

 日経紙今日23日の朝刊の1ページ広告に東芝が白熱電球の製造を停止して以後省エネ型の電球型蛍光ランプやLEDランプに切り替えると宣言している。

 わが国では直管形や円形管形の蛍光ランプがずい分まえから普及しているが、生活水準があがるにしたがいソフト感のある白熱球の照明が増えたような感じがしないでもなかったが、これらもゾケットが同じの蛍光灯球にきりかわっていくことになりそうである。 我が家では庭や廊下の常夜灯は早くから電球形蛍光球に切り替えている。 しかし、DIMMERと呼ぶらしい調光器つきの照明は蛍光灯に切り替えができないと説明書にあるのでそのままにせざるを得ない。

 米国では常々蛍光灯は工場や事務所で使う物との通念があるときいているが、ゴア氏の地球温暖化対策の十則の一つに照明の蛍光灯化を挙げているのでどうなるか。

 トルコ旅行中なにげなくホテルのテーブル上のシェードつきの電気スタントを覗いて蛍光球(といっても螺旋管や折り返し直管むき出し)が使われているのにすこしおどろいた。 シェードの外から見れば白熱照明に見える。

 気のついたのはカッパドキアのデデマン カッパドキアホテルとアンカラのヒルトンホテルであった。

 蛍光球はフィリップス製で15W形と27W形。製造地はP.R.C(多分中国)とポーランドであった。 下に2種のランプを示す。

Photo 1_2                 Photo_2 Photo_3

|

« 東京港区のマンションのエレベーター事故から2年 | トップページ | E-TAXでの2007年確定申告やっと終わる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60937/21844464

この記事へのトラックバック一覧です: 東芝が白熱電球製造停止 トルコのホテルの蛍光球照明:

« 東京港区のマンションのエレベーター事故から2年 | トップページ | E-TAXでの2007年確定申告やっと終わる »