« 茨城連続殺傷事件 張り込み捜査員無線機をもたず | トップページ | ガソリン税の上乗せの暫定税率の延長法案が可決されず失効 »

2008年3月26日 (水)

駅ホームから突き落とし殺人事件

 昨日、大変不幸な事件が起こった。JR岡山駅で列車を待っておられた県の職員の方が後から忍び寄った少年に線路に突き落とされ、入ってきた電車に接触して命を失われた。 大変お気の毒なこととご冥福をお祈りしたい。

 駅のホームは「欄干のない橋」にたとえる人もいるように日常的に接している危険箇所である。 私も、列の先頭で待つときは、後から押されないか、急いで走る人に飛ばされないかなど、つねづね警戒はしているが、今回のように意図的に押されると避けるのが困難である。
 これを防ごうとすれば鉄道会社にホームに柵と列車が到着時に柵に付けられたドアが開く、設備、仮にホームドアと呼んでおく、をつけてもらうしかない。
 これらは、ニュートラム、ポートライナー、ゆりかもめ、シーサイドライナーなど無人運転の路線には標準装備となっている。 地下鉄でも、京都東西線、大阪今里筋線、東京の南北線、三田線などワンマン運転の路線にはつけられていると書物には書かれている。 しかし、営業中の鉄道でこれをつけることは経営上、技術的にも至難のことであろう。
 今後つけるとしたら新規建設線であるが、大阪で開業が待たれる中之島新線や阪神の難波への乗り入れ線はどのようになっているのであろうか。
 ホームドアではないが、ホームが狭くて落ち着かないのが数年前に待望の高架化が成ったJR西阪和線美章園・南田辺駅間から以南数駅間である。 高校生のときに毎日利用した路線であり駅がきれいになったことはうれしいだけに、ホームの狭さは残念な気がする。 多分、連続立体交差事業で90%ほどの事業費の公的補助を受けているので厳しい査定があったのかと思ったりする。
 
 

|

« 茨城連続殺傷事件 張り込み捜査員無線機をもたず | トップページ | ガソリン税の上乗せの暫定税率の延長法案が可決されず失効 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60937/11835610

この記事へのトラックバック一覧です: 駅ホームから突き落とし殺人事件:

« 茨城連続殺傷事件 張り込み捜査員無線機をもたず | トップページ | ガソリン税の上乗せの暫定税率の延長法案が可決されず失効 »