« 電気機器の発火発煙事例その16 2代目京都駅焼失の原因 | トップページ | 堺市南区の荒山公園に梅見 »

2008年3月17日 (月)

チベットの暴動

 チベットで14日に暴動が発生し、チベット族の住むその周辺の省にも飛び火して未だ完全に収まっていないようである。 中国政府からみれば暴動であり蜂起する側からはレジスタンスとでもいっていいかもしれない。
 チベットとかダライラマという言葉を知ったのはたぶん中国がチベットへ侵攻し中国領に併合した時、中学生の時代のように思う。  侵攻の大義名分は知らない。知りたいと思うが今回の記事にあまり説明されているようにはみえない。 それにマスコミの報道では過去の出来事を中国の「進駐」と表現している。 子供の時にアメリカ兵を進駐軍と呼び習わしていたことを思いおこす。
 報道では中国全土のチベット族の人口は540万人とのこと。 中国の総人口は12億人をこえるので、チベット族はほんの一握りであるが、その人々を絶望的、あるいは自暴自棄といえるような、欲得ずくでない行動に駆り立てるものは何であろうか。 

|

« 電気機器の発火発煙事例その16 2代目京都駅焼失の原因 | トップページ | 堺市南区の荒山公園に梅見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60937/11462823

この記事へのトラックバック一覧です: チベットの暴動:

« 電気機器の発火発煙事例その16 2代目京都駅焼失の原因 | トップページ | 堺市南区の荒山公園に梅見 »