« 中部電力も電気通信事業から撤退 | トップページ | 電気機器の発火・発煙事例その11 三菱電機ブランドの全自動洗濯機の発火 »

2008年1月20日 (日)

赤福製造日改ざん騒動その6 友人からの写真

 西宮在住の伊勢二見小学校時代からの友人が帰省して、伊勢神宮へ初詣をし、内宮前のおかげ横丁へ立ち寄った時の写真を送ってくれた。 1月15日の赤福本店である。
 おかげ横丁の旗艦といっていい店であるが、店を閉めて何日になるのか、違法なことをやっていたとされているのでいたしかたなかろうが、行政処分というのか、その命令による店の損失、従業員の方々の家計への打撃はいかばかりか。 
 裁判なしで膨大な罰金刑を科せられているようにもみえる。

 今話題の再生紙偽装はどうであろうか。わが国を代表するような大会社が手を染めている。 これらの会社は社長が責任をとる程度で会社はびくともしない。
 一部の会社が真剣度はともかく、これらの製紙会社の製品の不買を発表している。 新聞社が率先して不買をやってくれれば、社説の主張ももっと迫力が備わり、信用できるであろう。

Photo 赤福本店 平成20年1月15日

 この裏手に五十鈴川が流れる

|

« 中部電力も電気通信事業から撤退 | トップページ | 電気機器の発火・発煙事例その11 三菱電機ブランドの全自動洗濯機の発火 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60937/9988405

この記事へのトラックバック一覧です: 赤福製造日改ざん騒動その6 友人からの写真:

« 中部電力も電気通信事業から撤退 | トップページ | 電気機器の発火・発煙事例その11 三菱電機ブランドの全自動洗濯機の発火 »