« エキスポランドのジェットコースター事故その15 保守管理責任者書類送検 | トップページ | 書き初めの日 »

2007年12月25日 (火)

サッカー少年の痛ましい バスからの転落死

 新聞の報道によると、24日の夕方、東京外環自動車道を走行中のマイクロバスから、乗車していたサッカーチームの一員の小5の少年が、なんらかの原因でドアが開き転落して、後続トラックにはねられて亡くなるという大変痛ましい事故が起こった。

 マイクロバスは同チームのコーチが運転しており、バスのドアは「手動」(ドアのロックを手で外せば走行中でもドアが手で開けられる状態)にレバーがセットされた状態であったとコーチは言っておられるようである。「自動」にセットしておけばドアは開くことはなかったであろうと推定されている。

 マイクロバスはトヨタの「コースター」という車種のようである。 ドアはなぜ開いたか。「自動」でないので、間違った電気信号で誤動作したということはない。 とすると、もともと半ドアのような不完全ロックであったものが走行中の衝撃でドアが開いたところに偶然少年が居合わせたのか、または好奇心でドアを触っている間に開けてしまったのか、いづれ周りの少年達の証言から明らかになっていくことと思う。
 「自動」にセットすれば万全かというと、そうでなく毎日新聞のネット上の写真では「自動」「手動」切り替えレバーはドアのそばにあり、少年の力では無理としても大人なら容易に切り替えできるように見える。

 とすると不特定多数の人の乗るバスであるので、「手動」であっても、走行中はドアが開けられない構造にした方がいいように思う。
 日常乗っているマークⅡはある速度以上で自動でドアのロックがかかるようになっている。
 過去、昭和26年、横浜桜木町駅で発生した国電火災事故で自動ドアが開かず脱出できなかったが106人が犠牲になっているが、このことなどの経験から非常時の脱出に配慮した設計になったのかと思ったりする。
 コーチ、トラックの運転手とも自動車運転過失致死容疑で逮捕されている。
 コーチは職業は会社員となっているから、職場の休みを利用してボランティアでチームの面倒を見ていたのであろう。 ボランティア活動をする場合はボランティア保険なるものに加入するが、これは自分が怪我をした場合を想定したものと思っているが、今回のように善意が暗転して心ならずも加害者となった場合の保険はどうなるのか調べたいところである。
 今回のような事故の再発防止のためには運転者の注意喚起と同時に車の構造上の安全対策も必要ではなかろうか。
 少年の住んでいた、 ふじみ野市は昨年女子小学生がプールで犠牲になったところと記憶が蘇っている。 ご両人のご冥福をお祈りしたい。

12月31日追記
 年間500円でボランティア保険に加入しているが、改めて説明メモを読むと、「ボランティア活動中に偶然の事故で他人の身体を傷つけたり、・・・法律上の賠償責任が生じたときは5億円を限度に損害賠償金が保険から支払われる」となっている。

 

 

 

|

« エキスポランドのジェットコースター事故その15 保守管理責任者書類送検 | トップページ | 書き初めの日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60937/9570298

この記事へのトラックバック一覧です: サッカー少年の痛ましい バスからの転落死:

» 我が家にトラの王様が! [保険 ハイテクの盲点?,サッカー少年の痛ましい バスからの転落死]
ある日の我が家 トラ騒動!【まーちゃん】ママーライオンの王様は聞いた事があるけどパパがニコニコしなが うちにトラの王様が居るって゛本当なの?【ママ】あらあらパパがそんなこと(とっさに,ママの脳裏には へそくりが浮かぶ)が子供にそんなこと そんなはずは、、、、そのとき ピンポン♪♪ ピンポン♪【ママ】あら、まーちゃん、幼稚園のお迎えよ【まーちゃん】ハーイ【ママ】パパ 今日会社お休みだから起きてきたらママがトラのお話聞いておくから【まーちゃん】ハーイ キットダヨーいってきまーす■さて 9時を廻ったころ ... [続きを読む]

受信: 2007年12月26日 (水) 23時44分

« エキスポランドのジェットコースター事故その15 保守管理責任者書類送検 | トップページ | 書き初めの日 »