« エキスポランドのジェットコースター事故その14 エキスポランド当面休園 | トップページ | 電気機器の発火・発煙事例その10キャノンのプリンターなど »

2007年12月14日 (金)

神戸ルミナリエ シンガポール「街路電飾」

 西宮に住む小学校来の友人は、震災の犠牲者の冥福を祈ることをその意義の一つとするルミナリエへ毎年行くことに決めており、今年も見てきたとメールにあった。 ここ数年資金難から存続をどうするかが話題になっているようであるが、今日の新聞では、神戸商工会議所会頭の水越氏が断固続けるといっておられる。 

 11月30日の日経紙のコラム欄に、シンガポールの大仕掛けな「街路電飾」のことが紹介されていた。
 日立製作所がスポンサーで年数千万円の費用を負担しておられるようで社内では存続に議論がある(同紙の記事)そうである。
 もし、日立が手を引けば韓国のサムスンが引き継ぐ気でいるとの風評も記しておられる。

 サムスンといえば、たまに海外に出かけるようになった10年ほど前から、あちこちの空港の手荷物用カートにSUMSUNGと書かれているのをよく見かけてどんな会社かと思ったものである。

 昨年の秋にツアーでチェコのプラハに行った時は、準幹線といえる道路沿いのポール毎にSUMSUNGの旗がずらりと飾られているのを目にした。 ずい分粘り強く、幅広く、かなりのお金をかけて ブランド名を周知させる努力をしていることが強い印象として残った。

|

« エキスポランドのジェットコースター事故その14 エキスポランド当面休園 | トップページ | 電気機器の発火・発煙事例その10キャノンのプリンターなど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60937/9392277

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸ルミナリエ シンガポール「街路電飾」:

« エキスポランドのジェットコースター事故その14 エキスポランド当面休園 | トップページ | 電気機器の発火・発煙事例その10キャノンのプリンターなど »