« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月25日 (火)

サッカー少年の痛ましい バスからの転落死

 新聞の報道によると、24日の夕方、東京外環自動車道を走行中のマイクロバスから、乗車していたサッカーチームの一員の小5の少年が、なんらかの原因でドアが開き転落して、後続トラックにはねられて亡くなるという大変痛ましい事故が起こった。

 マイクロバスは同チームのコーチが運転しており、バスのドアは「手動」(ドアのロックを手で外せば走行中でもドアが手で開けられる状態)にレバーがセットされた状態であったとコーチは言っておられるようである。「自動」にセットしておけばドアは開くことはなかったであろうと推定されている。

 マイクロバスはトヨタの「コースター」という車種のようである。 ドアはなぜ開いたか。「自動」でないので、間違った電気信号で誤動作したということはない。 とすると、もともと半ドアのような不完全ロックであったものが走行中の衝撃でドアが開いたところに偶然少年が居合わせたのか、または好奇心でドアを触っている間に開けてしまったのか、いづれ周りの少年達の証言から明らかになっていくことと思う。
 「自動」にセットすれば万全かというと、そうでなく毎日新聞のネット上の写真では「自動」「手動」切り替えレバーはドアのそばにあり、少年の力では無理としても大人なら容易に切り替えできるように見える。

 とすると不特定多数の人の乗るバスであるので、「手動」であっても、走行中はドアが開けられない構造にした方がいいように思う。
 日常乗っているマークⅡはある速度以上で自動でドアのロックがかかるようになっている。
 過去、昭和26年、横浜桜木町駅で発生した国電火災事故で自動ドアが開かず脱出できなかったが106人が犠牲になっているが、このことなどの経験から非常時の脱出に配慮した設計になったのかと思ったりする。
 コーチ、トラックの運転手とも自動車運転過失致死容疑で逮捕されている。
 コーチは職業は会社員となっているから、職場の休みを利用してボランティアでチームの面倒を見ていたのであろう。 ボランティア活動をする場合はボランティア保険なるものに加入するが、これは自分が怪我をした場合を想定したものと思っているが、今回のように善意が暗転して心ならずも加害者となった場合の保険はどうなるのか調べたいところである。
 今回のような事故の再発防止のためには運転者の注意喚起と同時に車の構造上の安全対策も必要ではなかろうか。
 少年の住んでいた、 ふじみ野市は昨年女子小学生がプールで犠牲になったところと記憶が蘇っている。 ご両人のご冥福をお祈りしたい。

12月31日追記
 年間500円でボランティア保険に加入しているが、改めて説明メモを読むと、「ボランティア活動中に偶然の事故で他人の身体を傷つけたり、・・・法律上の賠償責任が生じたときは5億円を限度に損害賠償金が保険から支払われる」となっている。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月22日 (土)

エキスポランドのジェットコースター事故その15 保守管理責任者書類送検

 事故を起こしたジェットコースターの保守管理責任者の2人の方が業務上過失致死の疑いで書類送検されたと、12月20日付けの新聞に報じられた。
 事故の原因は2両目左車軸が疲労破壊して脱線に至ったものである。 専門機関による車軸の鑑定によると、破断面に金属疲労を示す波状の模様が確認された。車軸の下から上へ向かって破断が進み事故の半年前の時点で約6割の深さまで亀裂が進んでいた。
 捜査本部は「この時点で検査をしていれば傷は見つかり事故は未然に防げた」と結論づけている。

 事故後に国土交通省が全国のジェットコースターについて調査したところ306ある遊具のうち、約119が過去1年間に一度も精密検査を行っていないことが判明した。府警幹部は立件について「エキスポ社だけでなく、業界全体のあいまいな管理体性を正す意味があった」といっておられる。
 「6割しか精密検査を行っていなかったとは、遊園地業者はけしからんと」いう前に、監督官庁の安全指導・チェックなどの行政の点数がかろうじて合格点の60点強であったということでありフィードバックされたこの情報を安全対策に生かしていただきたいと不遜ながら思う。

以上は日経紙2007年12月20日(朝刊)による

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月19日 (水)

堺市の環境事業 ゴア氏の環境対策10則

 今日午後、所属するボランティアサークルの会合で堺市環境事業部の職員の方から、廃棄物の処理や環境問題について興味深いお話を伺った。
 平成13年の粗大ごみの有料化で年間のごみ処理量が減り、100億円を超えていたごみ処理費が80億円台になったとのことであった。 ごみ処理の平均単価は30円/kgということもわかった。
 アメリカのゴア前副大統領の「不都合な真実」についても紹介しておられた。 この本は図書館で借り出したが写真をパラパラと見ただけで中身は読まなかったものである。

 こになかに、地球温暖化対策として日常なすべき10則”Ten things to do”があると紹介された。

 そのトップに Change a light (ランプを交換しよう)がある。
 効果として 標準的な白熱電球をコンパクトな蛍光灯に変えれば年間150ポンドの炭酸ガスの排出を減らせる と解説されている。
 アメリカで家庭用の照明に蛍光灯が嫌われているとよく聞くことであるが、好みを変えさせることは難しいことを物語っているようにも見える。

 他の9則は、車の運転をひかえよう、リサイクルしよう、タイヤ圧をチェックしよう、温水の使用を少なく、過剰包装の品を避けよう、空調温度設定の適正化、木を植えよう、電子機器の電源をこまめに切ろう となっている。

 なお、お聞きした上記の数字は正確なメモを取っていないので誤りがあるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月18日 (火)

長寿社会の実感

 喪中ハガキをいただき高齢で亡くなられた方が多いという感想をもった。 自分の年齢が高いから当然友人、知人のご両親や縁者となれば高齢であることは自然である。 しかし、100歳以上の長寿に方が2人は驚きである。

 いただいた はがきのうち故人の年齢の記されていたものは12通でその単純平均は90才である。 すべてを年齢順に記す。

 104,100,98,95,90,90,89,87,86,85,83,74

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熱気に乏しい大阪府知事選挙 義を見てせざるは勇なきなり

 庶民の理解が得られないなどの理由で、確たる候補者の見通しもないまま、現太田知事を降ろして新知事候補を探していた現与党の各党は、今日の新聞で民主党の候補者が熊谷氏に固まったということであるので、先に名乗りをあげているハシモト氏(この名前を聞いた時前高知県知事の橋本氏が立候補かとおもった)と対決することになりそうである。
 先金曜日に駅の新聞売り場の横を通ったときに、某スポーツ紙の一面に太田知事待望論の文字が躍っていたのでどうなるものかと思っていたところである。

 「義を見てせざるは勇なきなり」という言葉があるが、さほど魅力的でなく、しんどい仕事である知事を買って出ようとする方々には敬意を表したい。
 今月はじめごろ関西経済人会議があったが、その懇親会での経営者のご発言で新府政にさまざま注文をつけておられるが次回は自らも代表を出すぐらいの勢いを期待したい。
 今夕NHKのクローズアップ現代で韓国の大統領選挙がテーマになっていたが、経済の建て直しはわしにまかせよ というカリスマ経営者である候補者が圧倒的な支持を得ているようである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月17日 (月)

電気機器の発火・発煙事例その10キャノンのプリンターなど

 12月の新聞で見たものである。 このテーマにからむ新聞記事は珍しくない。記録をするつもりでも忘れてしまうことも多い。

 キャノン製のレーザプリンター、ファクシミリなど17機種、累計約43万台で電源コードと機器の接続部の機器側で、大事に至っていないが、発煙する可能性があると言うことである。
 電源コードと機器とを接続するコネクターの抜き差しが頻繁な場合や、コードが力を受けて機器を強く押したような状態になるときに、この現象が起こる恐れがあるとの主旨であった。 この原因からすると機器の電源スイッチがオフの時にも発煙の可能性があり、安全のためには元の電源コンセントを抜く必要がある。

 同社のHPに詳しく報告されている。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月14日 (金)

神戸ルミナリエ シンガポール「街路電飾」

 西宮に住む小学校来の友人は、震災の犠牲者の冥福を祈ることをその意義の一つとするルミナリエへ毎年行くことに決めており、今年も見てきたとメールにあった。 ここ数年資金難から存続をどうするかが話題になっているようであるが、今日の新聞では、神戸商工会議所会頭の水越氏が断固続けるといっておられる。 

 11月30日の日経紙のコラム欄に、シンガポールの大仕掛けな「街路電飾」のことが紹介されていた。
 日立製作所がスポンサーで年数千万円の費用を負担しておられるようで社内では存続に議論がある(同紙の記事)そうである。
 もし、日立が手を引けば韓国のサムスンが引き継ぐ気でいるとの風評も記しておられる。

 サムスンといえば、たまに海外に出かけるようになった10年ほど前から、あちこちの空港の手荷物用カートにSUMSUNGと書かれているのをよく見かけてどんな会社かと思ったものである。

 昨年の秋にツアーでチェコのプラハに行った時は、準幹線といえる道路沿いのポール毎にSUMSUNGの旗がずらりと飾られているのを目にした。 ずい分粘り強く、幅広く、かなりのお金をかけて ブランド名を周知させる努力をしていることが強い印象として残った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日)

エキスポランドのジェットコースター事故その14 エキスポランド当面休園

 今年5月5日に1人の乗客が亡くなる事故のあとの休園・安全対策などの事後処理後、8月10日から営業を再開していたエキスポランドが10日から再び休園することになったと報道されている。
 社会的信用失墜は想像を絶するものだった(山田会長談)の言葉の通り入場者は前年同期比8割減となりこのままでは赤字を垂れ流すばかりであるとの判断のようである。

 スリルに富む遊戯施設の安全の責任は事業者にあるとして、これをチェックする官庁、第3者機関には利用者に安心感を持たせることができる体制や存在感をもっていただきたいと思う。 客離れは事故を起こしたエキスポランドだけではないのではなかろうか。

 外国でも遊戯施設の事故が有り国内紙にも報道された。

 8月4日にはフランスのパリ郊外で「ブースター」と呼ばれる遊戯施設の回転する4人乗りのゴンドラが地面と接触して2人が亡くなり、
8月13日には韓国釜山市の臨時設営移動式遊園施設の大観覧車の事故で5人の方が亡くなっている。

 あれやこれやで、冒険心を満たす施設が減っていくのは望ましいことではないので、実効ある安全対策とそれを担保する能力をそなえた組織の充実を願いたい。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 6日 (木)

畳の取替え完了

 12月3日に行った寸法取りをもとに加工した真新しい畳がやってきた。 6畳の間であるので職人さん2人の手であっと言う間にきれいに敷きつめられた。 すべての位置でピッタリと寸法があっていた。 当たり前のことかもしれないが大いに感心した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

堺名所見て歩き

 今日5日、職場のOB会が企画してくれた堺市内ツアーに参加した。
 好天に恵まれ楽しくいろいろなスポットを訪ねることができた。
 ボランティアガイドさんが終始案内してくれた。
 市役所展望階からの市内の説明に始まり、鉄砲鍛冶屋敷、
妙国寺、堺刃物伝統産業会館、お菓子や線香の老舗などを
貸切バスと徒歩の移動で観光した。
市役所展望階からは、シャープの液晶製造施設建設の進む
臨海部がよく見えた。

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 4日 (火)

畳の更新 寸法取り

 畳の傷みが目立つようになったので、取り替えることにした。朝、畳屋さんが入れ替える畳の採寸に来た。
 畳を入れるスペースは正確に正方形なり長方形ではなく、いくばくかの歪があると聞いていたので、どのようにして畳の寸法を長さだけでなく角度の要素を入れた量で測るのか関心をもってみた。

 二つの道具を使うのがわかった。 長さは巻尺ではなく、断面が四角形の長い棒状の物差しで撓みが無視できるような剛性のものを用いて計っていた。

 角度要素は、部屋の中心付近から十字状にレーザー光を発射する一種の基準器で測定点をきめて長さをはかることで補正しているように見えた。
 レーザー光を発する道具の名前は聞き漏らした。
 6日に、びったり部屋に合う新しい畳が来るものと期待している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

リニア車両の海外進出

 12月2日日経紙朝刊に三菱重工がリニア鉄道を海外に販売する計画を持っていることを報じている。
 リニア鉄道はわが国では磁気浮上型としてJRの超高速実験タイプ、愛知県東部丘陵線で営業中のリニモの2方式がある。リニアモータ駆動ではあるが通常鉄道並みに車輪で走る大阪、東京、神戸、福岡各地下鉄で営業中の小型地下鉄も含めると3方式となる。

 このうち都市鉄道向きはリニモ方式と小型地下鉄であるが、もし、三菱重工の商談がまとまり海外進出となると、リニモと小型地下鉄の競争力がどうなのかということになる。 リニモ方式のメリットは新聞では振動や騒音が少ない事、急勾配を走行できること、浮上運転であるので部品の磨耗がすくないことなどを挙げている。
 電力消費、言い換えれば燃費の問題は触れられていない。

 海外でリニア式鉄道で営業中は上海空港アクセスのトランスラピッドだけと記憶しているので、進出を期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »