« 洗浄機能つきトイレ アメリカのタブー | トップページ | リニア車両の海外進出 »

2007年11月28日 (水)

自動改札機がIEEEマイルストーン賞を受賞

 米国の電気電子学会(IEEE)が電気電子関連分野において、社会に貢献した重要な歴史的偉業を称えるために制定したマイルストーン賞(里程標賞)に大阪大学、近鉄、オムロン,阪急電鉄が開発した自動改札機が認定された。 日本では、富士山レーダー、新幹線、電卓などに続く7例目となった。 関係者の方々にお祝い申しあげたい。

 この記念講演会を11月27日午後中央電気倶楽部で聴講した。
近鉄とオムロンが共同で日本の駅で必要とする毎分70~80人のお客さんを通すことができる改札機を苦心して開発されたことが紹介された。 近鉄の実験機によるテストは阿倍野橋駅において近鉄グループの社員900名の方が客となって1966年3月10日~4月6日に行われた。
 阪急電鉄では1967年3月、北千里駅に毎分70人のお客さんを通すことのできる改札機を導入した。 

 阿部野橋駅、北千里駅には偉業を称える 掲示板(plaque)が設置されるとのことである。

 これらの開発が元となって 自動改札システムが普及発展してプリペイド式で関西の鉄道横断的な「スルット関西」さらにはPiTaPaカードへと成長してきたのであろう。

 マイルストーン賞の主旨はIEEEのホームページに記されている。

 

|

« 洗浄機能つきトイレ アメリカのタブー | トップページ | リニア車両の海外進出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60937/9146245

この記事へのトラックバック一覧です: 自動改札機がIEEEマイルストーン賞を受賞:

« 洗浄機能つきトイレ アメリカのタブー | トップページ | リニア車両の海外進出 »