« 安部首相唐突な辞任表明 | トップページ | 堺市内でシンドラー社製のエレベーター事故 »

2007年9月13日 (木)

世界陸上大阪の選手の満足度は如何

 世界陸上の閉会からかなりの日がすぎた。 そろそろ忘れ去られる頃である。 
 大会の主役、選手達はどういう印象を持って帰ったのであろうか関心を持っているが、この種の情報はあまりでていない。ごく偏った情報であるが、同僚?アタッシェ(女性)からのメールの引用を記録に留める。

 彼女はある北アフリカの国の選手団の世話をするチームで中心的に働き、選手団の最終グループのホテル出発を9月5日に送ったあとでメールをくれたものである。以下引用。

世話をした選手団の一員の話として、

 「最初の一日はブッキング騒動で部屋がなく嫌な思いをしたけど、あとは日本人はとても親切で丁寧でどこでも笑顔で応対してくれ、すごく良かった」、とおっしゃってました。
 
タイソン・ゲイ選手(アメリカの100、200金メダリスト)は新聞のインタビューで
「大阪は素晴らしい場所、絶対また来る」と言ってたみたいですし
私が個人的に話したエチオピアのマラソン選手も「東京にも行ったけど人々はみんなあまり笑ってなかった。でも大阪の人は言葉は通じなくてもみんな笑顔だった。大阪は、とても良い場所だ」と、とても誉めてました。
すごく嬉しい言葉でした!
以上は彼女のメールより

 私の体験
 アフリカのある国の選手団の団長さんの銀行での小トラブルの処理のために銀行へ同行したときに、彼は、今大会はすべての面ですばらしい、ただひとつ、テレビ放送でフランス語のものがないのが欠点であると言っておられた。 混乱のあったホテルへ宿泊したおられた方であるので、社交辞令かあるいは皮肉かと思ってわすれかけていたが、なんぼかの真実が含まれているのかとも思えている。

 選手の満足度の外、観客の満足度、陸上競技団体役員のお歴々の満足度、スポンサー企業の満足度など好奇心旺盛ならばおもしろい研究テーマである。

 ノウハウの蓄積の面からは、今回、完璧ではなかったと評判される運営の不具合、もしあるとしたら、の検証をして次に伝えることであろう。 寄り合い所帯の組織委員会解散と同時に貴重なノウハウが蒸発するとしたら惜しい。

 

|

« 安部首相唐突な辞任表明 | トップページ | 堺市内でシンドラー社製のエレベーター事故 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60937/7891869

この記事へのトラックバック一覧です: 世界陸上大阪の選手の満足度は如何:

« 安部首相唐突な辞任表明 | トップページ | 堺市内でシンドラー社製のエレベーター事故 »