« 大阪歴史博物館でペルシャ文明展鑑賞 | トップページ | エキスポランドジェットコースター事故その12 製造メーカー »

2007年9月16日 (日)

エキスポランドジェットコースター事故その11新らたなトラブル

 事故と呼んでいいのか、インシデントと言っていいのか、区分に迷うが、9月15日の午後2時ごろ、エキスポランドのジェットコースターが一周の後、駅に停止せず、もう一周した。

 「OROCHI」と呼ばれる宙吊り式コースターで、最高42mの高さのある軌道を最高時速90kmで走る。

 新聞により、2週目ののち駅に停止したのは、係員が安全装置を操作して止めたという報道と安全装置で自動停止したという報道がある。いづれが正しいかわ分からない。 一紙は、駅接近を検知するセンサーや制御プログラムを調査していると書いているので、制御にコンピュータが使われているようである。
 センサーが問題なのか後処理のコンピュータにバグがあるのか、試運転で故障が再現しにくいようであれば原因の究明は骨がおれるであろう。
 NHKのテレビ報道をチラッと見たとき、外国製の機械のように聞こえたが知りたい情報である。

 

|

« 大阪歴史博物館でペルシャ文明展鑑賞 | トップページ | エキスポランドジェットコースター事故その12 製造メーカー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60937/7973382

この記事へのトラックバック一覧です: エキスポランドジェットコースター事故その11新らたなトラブル:

« 大阪歴史博物館でペルシャ文明展鑑賞 | トップページ | エキスポランドジェットコースター事故その12 製造メーカー »