« エキスポランドジェットコースター事故その11新らたなトラブル | トップページ | エキスポランドのジェットコースター事故その13 国内の同機種 »

2007年9月17日 (月)

エキスポランドジェットコースター事故その12 製造メーカー

 新たなトラブルを起こしたコースター「OROCHI」のメーカーは、読売ニュースでB&M社と報じられた。
 同社のホームページhttp://www.bolliger-Mabillard.com/index_en.aspxによると正式社名はBolliger & Mabillard Consulting Engineers,Incで社員約30名(ウイキペディア情報)ほどのコンサルティング会社。スイスのモントレイに本拠をおき、 全世界に60基ほどのコースターを供給している。
 トラブルを起こしたタイプはInverted coasterと呼ぶらしく同社の売り物のひとつのようである。 スイスのスキーリフトにヒントを得たもので脚をぶらんぶらんさせてライドを楽しむものである。
 ウィキペディアに全世界の同社製コースターのリストが掲載されているがエキスポランドのものは含まれていない。
 わが国には、1基、あるテーママークに導入されたことになっているがデータの真謬性は不明。

 エキスポランドのこのコースターの最高時速は90kmとされ、軌道は高いところで40mを超える。 地下鉄の最高時速は一般には70km程度であるから、ずいぶんスリルに富んだ、乗り物である。

 ひとつのループで1列車しか動いていないので、追突や衝突の危険はないといえるが、脱線や軌道構造物の変形、倒壊、などが起こらないとも限らない。 導入時のさらなる安全評価が必要なのではないか。

|

« エキスポランドジェットコースター事故その11新らたなトラブル | トップページ | エキスポランドのジェットコースター事故その13 国内の同機種 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60937/7988382

この記事へのトラックバック一覧です: エキスポランドジェットコースター事故その12 製造メーカー:

« エキスポランドジェットコースター事故その11新らたなトラブル | トップページ | エキスポランドのジェットコースター事故その13 国内の同機種 »