« 平成18年度ヨーロッパLRT市民視察報告 架線の無いLRT | トップページ | 空調機の室外ユニットで感電その5 »

2007年7月18日 (水)

エレベーターの強度不足その2

 強度不足のフジテック社製のエレベーターの設置場所が昨日国土交通省から公開された。http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha07/07/070717_3_.html

 すでに、新聞でも具体名がいくつか報道されていたので周知のことかと思っていたがそうではなかったようである。
 新聞から公的な建物に多かった印象をうけた。 発表を見ると関西ではJR西日本の駅舎が多いが、 JRの駅はバリアーフリー対策工事が多かったこと、阪和線の高架化工事があったことで、全体の需要が多かったのが要因のように見受けられる。
 官庁の発注したものは少数であるので競争入札による契約は僅かであったと推定される。

|

« 平成18年度ヨーロッパLRT市民視察報告 架線の無いLRT | トップページ | 空調機の室外ユニットで感電その5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60937/7193182

この記事へのトラックバック一覧です: エレベーターの強度不足その2:

« 平成18年度ヨーロッパLRT市民視察報告 架線の無いLRT | トップページ | 空調機の室外ユニットで感電その5 »