« 電気機器の発火・発煙事故その4 テーブルタップ | トップページ | エレベーターのロープ一部破断 一斉点検の根拠は »

2007年6月10日 (日)

埼玉県ふじみ野市の市営プール事故の刑事責任

 昨年7月に発生したプール事故に関して、さいたま地検は同プールの管理業務を発注した側の責任者の当時の課長と係長の二人を業務上過失致死罪で在宅起訴した。(日経6月8日朝)

 業務を請け負っていた業者は起訴猶予となり刑事責任は問われないことになった。 ブログに8月1日付けで記録を残したので事後の経過として追記する。

|

« 電気機器の発火・発煙事故その4 テーブルタップ | トップページ | エレベーターのロープ一部破断 一斉点検の根拠は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60937/6729037

この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉県ふじみ野市の市営プール事故の刑事責任:

« 電気機器の発火・発煙事故その4 テーブルタップ | トップページ | エレベーターのロープ一部破断 一斉点検の根拠は »