« 電気機器の発火・発煙その5 冷却水循環装置 | トップページ | エレベーターのロープの一部破断その3 三菱、東芝も緊急点検 »

2007年6月16日 (土)

エレベーターのロープの一部破断その2 日本エレベーター製造㈱保守点検分

 日本エレベーター製造㈱が保守点検する大阪市営地下鉄恵比寿町駅のエレベータの4本のロープのうちの1本にストランド切れが見つかった。
 ロープを構成する8本のストランドのうち4本が破断していた。

 5月8日、エレベーター利用者から 「金属が擦れる音がする」との通報があり調べてわかったもの。(以上 日経紙とZAQニュースより)

 最近の例から言うと、同社の保守点検している国内全エレベーターは緊急点検が国からすでに命じられたか、あるいは命じられることになろう。

 日立、フジテックなどの例でも思ったが、どの程度までのストランド破断ならば、通常の故障扱いで、それを超えると緊急点検の対象となるのか、業界では常識的に納得出来る線があると思われるが、素人利用者の立場にたてば安心の判定基準として知りたいところである。

 

 

|

« 電気機器の発火・発煙その5 冷却水循環装置 | トップページ | エレベーターのロープの一部破断その3 三菱、東芝も緊急点検 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60937/6808134

この記事へのトラックバック一覧です: エレベーターのロープの一部破断その2 日本エレベーター製造㈱保守点検分:

« 電気機器の発火・発煙その5 冷却水循環装置 | トップページ | エレベーターのロープの一部破断その3 三菱、東芝も緊急点検 »