« 東京渋谷の温泉ガス爆発事故その2 | トップページ | 東京渋谷の温泉爆発事故その3 »

2007年6月23日 (土)

JR大宮付近の架線切断による停電事故

 昨22日の朝、JR大宮駅付近で架線が切れ停電し、京浜東北線などが5時間近く運休した。 大阪地区の新聞にまで報道された。

 原因は、変電所の給電区域の境目に設けられるエアーセクションと呼ばれる区間に電車が誤って停止したために、2つの変電所から送られる電圧の差により大きな電流が流れて架線を溶断したというのが新聞による情報である。  常時走る線路上に止まってはいけない地雷原のようなところがあることを知った。

 鉄道が高度で複雑になったためか、事故故障で止まる時間が長くなっているような印象である。長時間乗客に苦痛を強いることになるので、度重なれば、故障復旧の技術部隊のほかに、乗客を救護する組織、部隊も必要になるのではとピント外れのことを考えたりする。

|

« 東京渋谷の温泉ガス爆発事故その2 | トップページ | 東京渋谷の温泉爆発事故その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60937/6882292

この記事へのトラックバック一覧です: JR大宮付近の架線切断による停電事故:

» JR架線切断事故  [王様の耳はロバの耳]
過電流で架線が溶断 特殊区間で停車位置誤る(共同通信) - goo ニュース 朝のラッシュ時の事故でした。サラリーマンや学生さんそれとたまたま用事があって関連の電車に乗り合わせた方はお疲れ様でした。 とんだ災難でしたね。 まあ命が有っただけ運が良かったと笑える方は立派です {/usagi/} 架線切断事故の話を聞いて大宮の近くと言う事は分かりました。 でも「さいたま新都心駅」がどこに有るのか知りませんでした。 {/kaeru_shock2/} そういえばサッカーの試合で人が集まる時、そんな駅の名が... [続きを読む]

受信: 2007年6月23日 (土) 09時08分

« 東京渋谷の温泉ガス爆発事故その2 | トップページ | 東京渋谷の温泉爆発事故その3 »