« エレベーターのロープの一部破断その3 三菱、東芝も緊急点検 | トップページ | 東京渋谷の温泉ガス爆発事故 過去の惨事は活かされていない »

2007年6月19日 (火)

エレベーターのロープの一部破断その4 大手5社の破断データ

 昨日の国土交通省の報道発表をもとに、日経紙が エレベーター大手5社(三菱、日立、東芝、日本オーチス、フジテック)が保守点検するエレベーター約51万基のうち、過去1年間で42基にストランドの破断が見つかったと報じている。このなかには、三菱、東芝の保守点検するエレベーターも含まれている。このデータは官庁の求めに応じて日本エレベーター協会が報告した内容である。

 これまで、破断が表面化せず緊急点検の対象になっていなかった、三菱、東芝系の保守点検するエレベーターもこの対象に加えられた。

 同記事では「今回新たに破断が発覚した三菱と東芝・・・」という文がある。 いかにも、三菱、東芝が悪事をはたらいていて露見したような表現であるがはたして適切であろうか。

 ストランドの破断が緊急点検の対象にされたのは、4月4日の六本木ヒルズのエレベーター機械室の発煙事故以来のことで、上記42基のストランド切れはそれ以前に発生し、問題視されていなかった時のものが多い。

 

|

« エレベーターのロープの一部破断その3 三菱、東芝も緊急点検 | トップページ | 東京渋谷の温泉ガス爆発事故 過去の惨事は活かされていない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60937/6845711

この記事へのトラックバック一覧です: エレベーターのロープの一部破断その4 大手5社の破断データ:

« エレベーターのロープの一部破断その3 三菱、東芝も緊急点検 | トップページ | 東京渋谷の温泉ガス爆発事故 過去の惨事は活かされていない »