« エキスポランドのジェットコースター事故その7 JIS A1701:2006 | トップページ | 堺市立学校のALT(外人語学教師)のふるさと紹介イベント »

2007年5月24日 (木)

エキスポランドのジェットコースター事故その8 緊急点検結果

 エキスポランドのコースター事故を受けてた緊急点検の結果が5月23日、国土交通省から発表された。
 点検対象となったのは、レールの勾配が5度以上ある306基の乗り物で、その内約39%が過去1年以内に車軸内部の亀裂などをチェックする探傷試験を実施していなかった。 一度も試験を行っていないのは72基にのぼった。新聞は「ずさんな安全管理が浮き彫りになった」と論評している。

 探傷試験はJISA1701:2006 「遊戯施設の検査標準」では年1回以上行うように定めているが、法的な強制力はない。 そのために監督官庁である地方自治体も指導してこなかったのであろう。

 法的に強制力がなくても安全確保の上で必要と判断すれば、保守点検(同省の報告書を見ると多くは専門業者に外注されている)の仕様書にJISの検査標準に準拠するべしと明記すればいいことと思う。
 探傷試験をしてこなかったコースター等の運営主体に監督官庁に当たる地方自治体の名前も散見されることから、これらの自治体が保守点検業者へ示している保守点検仕様書にはJIS条項はなかったと推定される。

|

« エキスポランドのジェットコースター事故その7 JIS A1701:2006 | トップページ | 堺市立学校のALT(外人語学教師)のふるさと紹介イベント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60937/6832522

この記事へのトラックバック一覧です: エキスポランドのジェットコースター事故その8 緊急点検結果:

« エキスポランドのジェットコースター事故その7 JIS A1701:2006 | トップページ | 堺市立学校のALT(外人語学教師)のふるさと紹介イベント »