« エキスポランドのジェットコースター事故その8 緊急点検結果 | トップページ | 全日空のシステムトラブルに思う »

2007年5月27日 (日)

堺市立学校のALT(外人語学教師)のふるさと紹介イベント

 今日、堺市役所ロビーで、堺市立中学校、高等学校で英語を教える外人教師の方々が ふるさとを紹介するイベントが開催された。このような先生をALT(Assistant Language Teachers)と呼ぶようでその存在を知ったのは最近のことである。

 このイベントのボランティア通訳募集があったので、たいへん若い先生にまじって場違いとはおもいながら好奇心に駆られて応募して参加した。  役割は各先生にわりあてられた郷土紹介ブースをおとづれる市民と先生の対話の補助役であった。

 担当となったのは、オーストラリアからこられた男性教師で、市立高等学校で教えておられる方で、好感のもてる青年であったのでたのしい午後を過ごせた。

 驚きは、このイベントにこられる方は女性が圧倒的で、かつ平均年齢が高い目であったこと。 さらに、外人教師とは英語で話をされ、こちらの出番は殆どないほどであった。 女性の方々の学習意欲の高いことはかねて聞いているが改めて実感した。

 オーストラリアについても勉強した。 あちらに旅行した人にはおなじみらしいが、ジャムに似て非なる「ベジマイト(vegemite)」を塗ったパンを試食した。 ベジマイトとは「オーストラリアの納豆」とビンのラベル上で説明されていた。

Alt_fair_boothjpg ふるさと紹介   

 ブース例

Alt_fair1jpg

会場風景

|

« エキスポランドのジェットコースター事故その8 緊急点検結果 | トップページ | 全日空のシステムトラブルに思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60937/6574293

この記事へのトラックバック一覧です: 堺市立学校のALT(外人語学教師)のふるさと紹介イベント:

« エキスポランドのジェットコースター事故その8 緊急点検結果 | トップページ | 全日空のシステムトラブルに思う »