« 六本木ヒルズ森タワーのエレベータ機械室の一つで発煙事故 | トップページ | 台湾高鉄(台湾新幹線)に旅客を奪われる空路その2 »

2007年4月28日 (土)

マンション工事の恐怖のクレーン

 堺市南区のあるスーパーで買い物をして車で帰宅途中、マンションの建設工事用のクレーンが吊り上げている足場板と思われる荷の下を通過せざるを得ず恐怖を感じた。

 片側各1車線の道路で、これに接する工事中マンションの側には大型のトラックが停車していたから、その積荷をつるし上げていたのであろう。 我が車は大型トラックをよける形で進んだがその時に上空にクレーンの荷が漂っていたわけである。

 クレーン協会のホームページに掲載されている「クレーン等安全規則」第二十九条には、ある条件の下では、クレーンに吊り上げられている荷の下に労働者を立ち入らせてはならないと書かれている。 我が車は 労働者ではないから立ち入らせてもいいということか、安全に玉掛け作業がなされているので問題がないということであろうか。

 規則では許されても人、車が通る公道の上空にクレーンにつるされたものがゆらゆらしているのは不気味である。

 帰宅後、所轄の警察に電話して調査を依頼した。 2,3日に一度は通る道であり 放置するわけにはいかなかった。

|

« 六本木ヒルズ森タワーのエレベータ機械室の一つで発煙事故 | トップページ | 台湾高鉄(台湾新幹線)に旅客を奪われる空路その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60937/6243170

この記事へのトラックバック一覧です: マンション工事の恐怖のクレーン:

« 六本木ヒルズ森タワーのエレベータ機械室の一つで発煙事故 | トップページ | 台湾高鉄(台湾新幹線)に旅客を奪われる空路その2 »