« 台湾高鉄(台湾新幹線) 便りのないのは良い便り | トップページ | 台湾高鉄(台湾新幹線)の運転士の現地化 »

2007年3月 4日 (日)

発表会でフルート演奏

 今日は、ある楽器メーカ系の「大人の音楽教室」の生徒の発表会。
 気は進まなかったが、フルート11人の合奏の一員として参加した。 多少のミスは目立たないために気は楽であったが、昨年末からすこしづづの練習では、よい自己採点はできなかったが、全体としてはまずまずであったと思う。曲目は 「ショパンのノクターン~ダニーボーイメドレー」「ピーナッツ豆売り」の2曲。

練習から、発表会にいたるまで、小学校の学芸会のようななつかしい雰囲気も味わえ、たのしい思い出となりそうである。 ただ、加齢で指も動きが鈍くなるはずであり、他に迷惑にならない心がけが必要となりそうである。 すでにそうなっているかもしれない。

 会場は大阪市西区の中央図書館近く、100人が入れば満席程度のホールであったが、大いににぎわっていた。

|

« 台湾高鉄(台湾新幹線) 便りのないのは良い便り | トップページ | 台湾高鉄(台湾新幹線)の運転士の現地化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60937/5588809

この記事へのトラックバック一覧です: 発表会でフルート演奏:

« 台湾高鉄(台湾新幹線) 便りのないのは良い便り | トップページ | 台湾高鉄(台湾新幹線)の運転士の現地化 »