« 台湾高鉄(台湾新幹線)の開業が遅れた理由 | トップページ | 天満天神繁昌亭 »

2007年1月27日 (土)

生涯学習もつらい

 今日、生涯学習のつもりで受講している大阪狭山市の帝塚山学院大学のある英語講座の最終日のプレゼンテーションを終え、昨年末からずっしりと重かった肩の荷がおりた。
 受講生を数チームに分け、それぞれにテーマを与えて、その研究結果を英語で発表するものであった。 「小学校に英語教育を義務化するのは是か非か」をテーマにした。
 伊吹文部科学大臣が大臣就任時に小学校での英語教育導入に疑問を呈したので、比較的多くのひとの関心を引くようになったテーマであった。

 英語の学習が目的であるので研究内容はともかく、2週間に1回程度、2時間ほどしか顔を合わさないチームメートとメールで意見を交換しながらのプレゼンの材料の収集加工はそれなりに骨の折れるものであった。  
 プレゼンの出来栄えは他のグループと比較してパットしなかったが、とにかくほっとした。

|

« 台湾高鉄(台湾新幹線)の開業が遅れた理由 | トップページ | 天満天神繁昌亭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60937/5102763

この記事へのトラックバック一覧です: 生涯学習もつらい:

« 台湾高鉄(台湾新幹線)の開業が遅れた理由 | トップページ | 天満天神繁昌亭 »