« 大阪地下鉄今里筋線点描 | トップページ | 台湾新幹線やっと開業 »

2006年12月31日 (日)

今年もあと1日。堺市市民LRT視察再び

 12月は、まとまったことはしてこなかったが、孫の誕生など、なにかと忙しく、ブログに記録したいことを多数のこしたまま年を越そうとしている。 昨夜の自治会の「火の用心 カチカチ」の当番をもってやっと落ち着きをとりもどし、少しでも何かを書いておこうとしている。

 堺市広報誌1月号が1,2日まえに配布された。 驚いたことに、昨年と同様、LRT先進国市民視察への参加者公募の記事を目にした。個人負担20万円と軽くはないし、テーマ論文「まちづくりにおける交通の役割」は簡単ではない。 昨年応募して不合格であったのでもう一度挑戦ということもあるが、あまり自信はない。

 視察先のひとつボルドーは、架空線を軌道内地面に埋め込んだあたらしい方式のLRTが採用されているようである。ほかに、アムステルダム、ロッテルダムの公共交通を見るとされている。

 応募すべきか どうかは 論文が苦にならずにかけるかどうかで決めたい。  
 

|

« 大阪地下鉄今里筋線点描 | トップページ | 台湾新幹線やっと開業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60937/4736319

この記事へのトラックバック一覧です: 今年もあと1日。堺市市民LRT視察再び:

« 大阪地下鉄今里筋線点描 | トップページ | 台湾新幹線やっと開業 »