« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日 (木)

プラド美術館展鑑賞

 大阪市立美術館で開催されているプラド美術館の名画81点を集めた特別展に出かけた。 7月14日に是非行ってみたいと記録したものである。入場者もほどほどで、落ち着いて、たくさんの名画を鑑賞できた。
 休憩室で、何気なく見たプラド美術館の紹介ビデオのなかで、ゴヤの説明を面白く感じた。
 当代、第一の宮廷画家であったゴヤが仕えた カルロス4世の王家の人々を描いた「カルロス4世の家族」では、ゴヤは彼の見たとおりの人物像を率直に表現し、王家の人々らしい絵になっていないという主旨であったように思う。
 デジタル写真でも修整は容易であろうが、ましてや画家が描く人物は いくらでも立派そうにかけると思われるが、それをしなかった。 このためとは、説明されていなかったが、後に、王家から不興を買ったとのことであった。 なお、この絵は展示に含まれていない。
 人間が書く歴史、社史なども同じ側面をもつであろう。 あまり遠くない過去の業績を書く場合は編纂者の気苦労は少なくないであろう。

 高尚な絵画を鑑賞しながら、あまり高尚でないことがふと頭をよぎった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月30日 (水)

大阪府障害者ITサポーター養成研修

 月曜日から、今日水曜日まで、2日と半日にわたり、視覚障害者の方々をサポートするための標題の研修を受講した。怠け癖の付いている頭と体には少々きつくはあったが、インターネットやパソコンが障害者の方々に いかに重要な役わりを果たしうるかが実感できた。なお、受講した場所は 大阪府ITステーションである。、

 研修の半分は、パソコンの画面上の情報を読み上げるソフトをもちいて、マウスを使わずに、キーボードだけで、パソコンを使う方法の勉強であった。
 文書の作成、メールの送受信、インターネットのホームページの閲覧など多くのことができるようになっていることは驚きであった。 このようなことを障害者の方々にお教えしたりその手助けをしたりする技能の習得が研修の目的のひとつである。

 残りの半分の時間は、点訳の勉強であった。 点訳用のフリーソフトをもちいて、パソコンで点訳の実習をおこなった。 ただ、コンピュータでの点訳は、完璧とはいえず、人による校正が不可欠であることも教えられた。

 今回の研修は、入門程度であり、今後、実際にボランティアとしてお役に立つにはまだまだ、勉強、経験が必要である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月26日 (土)

空調機の室外ユニットで感電その3

 室外ユニットでの感電の原因調査の報告を待つ間の8月22日に、同じ空調機の室内ユニットが働かなくなった。23日にメーカーの技術者に修理をお願いしたところ、室内ユニットのファンのモータが動かなくなっているということであった。 感電との関係はわからない。 修理は交換部品が入り次第となった。 
 ところが、次の日、正常に空調機が動きだした。 この旨メーカーのセンタに告げた。
 原因不明のまま復旧はしたが、きょう26日、交換部品が整い修理作業。これを見ていると、室内機のモーター、同制御回路シート板、室外ユニット制御回路シート板が新品と交換された。 殻だけ残して中身が入れ替わった感じである。

 どこにトラブルの原因があったのか、費用はどのように分担するのか、これからの問題である。

Photo_3

8月8日 室外ユニットの天板下の電子回路を
点検中


(8月31日 写真追加)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月24日 (木)

海外鉄道事故多発報道

事故の報道例を記録する。

エジプト鉄道事故(20060821)
CNN     http://www.cnn.com/2006/WORLD/meast/08/21/egypt.traincrash/index.html

バレンシア地下鉄事故(20060703)
 The TIMESONLINE  http://www.timesonline.co.uk/article/0,,3-2256574.html
 ABC 救助活動写真 http://especiales.abc.es/galerias/2006-accidente-valencia/pages/foto01-accidente-valencia.htm
 スペインのニュース http://www.spain-ya.com

国鉄事故(20060821)
 スペインのニュース http://www.spain-ya.com
CNN 日本語     http://www.cnn.co.jp

                                                      以上
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月23日 (水)

海外鉄道事故多発

 NHKテレビで、21日午後、北部スペインで6両編成の長距離列車が脱線して6人の死者を出す惨事となったと報道された。

 詳しい状況を見ようと、インターネットをしらべていると、CNNのニュースが目に止まった。 21日の朝の通勤時間帯にエジプトのカイロの北約12マイルの駅で、2列車が衝突炎上し、すくなくとも58人の方がなくなった。くわしい記述はないが、駅停車中の列車に駅手前の赤信号を無視した列車が突っ込んだようである。

 インターネットに出ている、最近のスペインの事故は、7月3日午後1時ごろ、バレンシア地下鉄1号線(1988年開業)で発生した。 電車は制限速度の約2倍の48mphで走り、脱線してトンネル壁に激突した。 死者は41名に達する大惨事となった。 ブレーキは一度かかっていた。 運転手は気を失っていたともいわれている。
 異常をしらせる地下鉄からの携帯電話は20通ほどあったとか。 (社)日本地下鉄協会発行の「世界の地下鉄」にはバレンシア地下鉄は自動列車制御/自動列車防護(ATC/ATP)が設備されているとなっている。 どんな方式の保安装置であったか、このあたりの事情は新聞記事からはわからない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

お別れ

 今日は,Tさんとの最後のお別れの日となった。 17日、仕事から帰られて、近くの仲間の方々と卓球中に倒れ、そのまま,63歳の若さで、不帰の客になられたと聞く。人一倍、お元気で、積極的であり、誰もが悲報に耳を疑った。 ご遺族の皆様のお気持ちはいかばかりかと、心からお悔やみ申し上げます。

 これまで、ブログを書く際に、わからないところをメーリングリストなどで尋ねると、いつも的確な情報を寄せていただいた。 何事にも一家言をお持ちで、7月末、同じ職場を経験した10人弱が集まって懇談したときに、ブログは子や特に孫にメッセージを残す遺言(といっても不動産は誰それにの所謂遺言ではない)として、最適ではないかとの私の考えに、彼は、この種の遺言は直筆の日記に限ると主張しておられた。 結論が出ないままで逝かれた。

ご冥福をお祈りいたします。 合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月15日 (火)

終戦の日

 終戦の日である。 昭和20年の今日、国民学校1年生の夏休み中のこと、家にラジオがあったので、天皇陛下の終戦の玉音放送は聞いたはずであるが、全く記憶に無い。
父母が、これから、どこの島ががとられるとか、なにか領土的な話をしていたのはうっすらと思い出す。

 親戚を含めて、先の大戦で戦死したのは叔父2人、それぞれ中国湖南省、ビルマに於いてである。 それ以前に今の北朝鮮にあたる地域で軍務についていた叔父が病死している。 

 祖母とはずっと、家族として一緒に暮らしたが、3人の子を失った母としての祖母の悲しみは子供のときは慮ることはできなかった。 子供、孫をもつ今日に至り、そのつらさはいかばかりであったかと思う。

 きょう、全国戦没者追悼式が開かれた。 祖母は、戦死した叔父たちに配偶者がおり、遺族との位置づけがなかったからか、生前、この種の式典に参列したり、靖国神社へ参拝に出かけることはなかった。 多分、一人静かに、無念の死を遂げた子達をしのんでいたものと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月13日 (日)

甲斐田川の清掃

居住地域ソフトボールクラブのメンバー中心に12名あつまり、近所の鴨谷公園域の甲斐田川の清掃を行った。  投げ入れられた ごみや空き缶の収集を主とした。

 甲斐田川は、和泉市の光明池に源を発する、大阪府管理の2級河川で、春には桜で川畔が賑う、貴重な環境資源である。  現在、川幅が広がり淀むところではアオコの発生が見られるが、流水の透明度は新鮮であった。

 子供が、蛍と戯れたり、魚の泳ぐのを見たり、釣をしたり、、自然と接することのできる場所にもなってほしいものと思う。 

 まづは、われわれの手で少しでもよい環境にできるようクラブのリーダーの呼びかけで清掃を始めたものである。 

 この川岸には、最近、神石小学校の児童の植えたどんぐりの苗木がありすくすくと育つことを願いたい。

Photo

 甲斐田川

Photo_1

ごみ拾い Photo_2

       

Jpg_1

神石小学校の学童が植えた
どんぐり

Jpg_3 清掃参加メンバー

       (8月21日、一部訂正とメンバー写真の追加を行った)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 9日 (水)

空調機の室外ユニットで感電?その2

 元職場の同僚から、さっそく、室外ユニット接触時の電気ショックの原因についてありがたい情報提供をいただいた。
 あす、未施工のすべての室外ユニットの接地線取り付けをおこなうことにした。

 あとは、メーカーからの報告を待つ状態となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 8日 (火)

空調機の室外ユニットで感電?

 7日、家内が空調機(4KW、単相200V)の室外ユニット(使用期間3年未満)の上に、空き缶を仮置きした瞬間、電気ショックを感じて大声をあげた。 はじめは静電気ではないかと とりあわなかったが、熱心に主張するので、テスタで外箱と付近の金物の間の電圧を測ると不安定ながら20~30ボルトの電圧が出ていることがわかり、さらに自分も立ち上がるときに室外ユニット上部に手をかけた瞬間ショックを感じた。

 これは放置できないので、設備工事を担当した店に連絡、電気ショックの確認をしてもらい、欠落していたアース線の取り付けとメーカーによる調査を手配してもらった。

 室外ユニットの外箱で感電といってもメーカーは半信半疑だと思う。10日迄、来れないとの返事。納得できず、夏休みで遣り繰り大変だろうと察しつつも、強くお願いして8日、2人メーカーの立場の技術者が来られた。

 室外ユニットを分解して、絶縁抵抗を測ったり会社のマニュアル準拠のテストの結果、異常なしですとなった。 ショックをもっとも受けた家内は納得できず、食い下がっていたが、アースをはづして元の状態で再現試験の結果、2人の技術者も電気ショックを体感することとなった。

 異常の原因はどこにあるのか、あるいはこれが正常なのか、社内の上にはなしをもちあげて解決をはかってほしいとお願いして、次のステップを待つことにした。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 6日 (日)

LRT写真展

 「世界のLRT、日本のLRV」写真展がこの10日まで、堺市役所で開かれていると知り、4日に見学に出かけた。 
 日本で運転しているLRV(新型路面電車車両)の写真が10の軌道事業者から提供されていた。 ずいぶん多くのところでLRVが採用されていることについて認識不足であった。

 外国のLRTの写真は日本路面電車愛好会のメンバーの方々が海外にでかけて撮られたものであった。LRTの魅力を紹介している。

 市役所ロビーにおかれている「与謝野晶子文学碑めぐり」と名づけたパンフレットをながめていると市役所から徒歩圏に、同氏の生家跡が示されているので、訪ねてみた。

 炎天下でも苦痛ではないほど歩くと、阪堺電車宿院駅近くの歩道上に、与謝野晶子生家跡を示す歌碑が現れた。 歌碑には「海こひし潮の遠鳴りかぞへつつ少女となりし父母の家」と刻まれている。 このあたりから かっては波の音が聞こえたのであろう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

埼玉県のふじみ野市市営プール事故

 痛ましい事故が起こった。犠牲になられた戸丸瑛梨香さんのご冥福を幾重にもお祈りしたい。  

 この事故を報道で見て思う。自分が監視員であってその場にいたとしたら何ができたであろうか。  蓋がはずれていると聞いた瞬間、吸水孔が人間を飲み込むほどのものであると直感し、すぐにその入り口付近へ飛び込み、子供が近づかないように身を挺して守ったであろうか。 あるいは、即ポンプをとめる手配をしたであろうか。

 残念ながら、しばらくは何をすべきかを思案しながらの行動で迅速、的確とはいかなかった思う。

 しかし、事前に、何が危険か、危険事象発生時にどうすべきかの訓練を繰り返しうけていれば自分でも100点とはいえなくても、最低限の措置ができたのではと思う。

 一般的に公的機関がプールの安全管理を民間委託するにあたって、監視員(多くはアルバイトとふじみ野市の場合、受託会社の社長がテレビで発言)が有事に自信をもって動ける能力を持たせる訓練条項を仕様書に含めているのであろうか。 今回の契約形態はわからないが、安ければよしとする競争入札ならば最低限の安全性を担保する条項があればと希望したい。

 、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »