« 鉱山用エレベーター事故原因と対策 | トップページ | プラド美術館展と金沢21世紀美術館 »

2006年7月10日 (月)

  電気式浴室換気乾燥暖房機原因の火災

今月はじめの新聞に、浴室乾燥機(略称)の電気配線に問題があり24件の火災が

発生したと報じられた。幸い死傷者は出ていない。そのためか後続の報道は少なく、エレベータ事故との扱いの差は大きい。刑事責任云々もない。

 メーカーの顧客への協力要請新聞広告に「電源電線の接続部の不適切な電気工事(電線を手でねじって接続する等)によって発火する恐れがあります。」と書かれておりどのように接続したのかと関心をもった。

接続実態は経済産業省ホームページの630日付けのニュースリリースに詳しいイメージ写真が掲載されていた。

屋内電源配線の単線芯線の上に浴室乾燥機側の多芯より線が幾重にも巻きつけられている工法であった。 多芯線は巻きつけても、ばさばさと戻るのではないかと思われるがそれを防ぐため単線芯選を折り曲げて押さえ付ける苦心の跡が見られた。

報告書によると、この部分の接触不良により焼損の原因となると書かれている。

 かって、ISDN華やかなりしとき、米国に於いて、加入電話ケーブルの接続が手よりであったため、48Vの電源で動く電話機には支障がなかったものの弱電流のISDNでは接続部の酸化皮膜による絶縁不良がトラブルとして顕在化したと聞いたことを思い出している。

 今回とくに感じることは、この火災の原因が推定され公に警告されるまでに、初めての事例の20011月から5年以上、24件の事例の積み重ねが必要であったことである。

 火災の原因の調査は各自治体の消防本部でなされるために情報の共有があるいは難しいのではと感じられるが、もし、最近にこの原因の火災で死傷者が出ていれば多くの事例をフィードバックできなかった残念さを感じなければならないところであっただろう。

 

|

« 鉱山用エレベーター事故原因と対策 | トップページ | プラド美術館展と金沢21世紀美術館 »

コメント

意外と乾燥機が出火原因の火災って多いのですね。
自分では火災の原因にはならないと思っていたところから、思わぬ出火の可能性があるので、気を付けたいです。
私は乾燥機を持ってませんが…

投稿: オイルヒーター | 2009年10月12日 (月) 20時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60937/2597698

この記事へのトラックバック一覧です:   電気式浴室換気乾燥暖房機原因の火災:

« 鉱山用エレベーター事故原因と対策 | トップページ | プラド美術館展と金沢21世紀美術館 »